ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

クロスボーンガンダムX3のレビュー画像は?この瞬間を待っていたんだ!

   

Pocket

Sponsored Link



15m級の小型モビルスーツとの事で、

技術的な面から長い間F91以降のモビルスーツは

キット化に恵まれてきませんでした。

 

しかし、オールガンダムプロジェクトや、ビルドファイターズなどが

盛り上がり、F91やVガンダムが次々とHG化。

 

その中でクロスボーンガンダムがキット化されたのはかなり嬉しいニュースでした。

既にマスターグレードでは展開がありましたが、

コレクションに最適な1/144での展開は初期からのファンとしては

正に「この瞬間を待っていたんだ!」という感じでした。

 

今回は木製帝国のクラックスドゥガチと激戦を繰り広げた

トビアの駆るクロスボーンガンダムX3がプレバン限定でキット化です。

 

新造パーツはどれ?Iフィールド発生装置の再現度は?

IMG_4007

素組みしたものがこちらになります。

X1よりもより1stやゼータに近い配色になっています。

 

IMG_4008

今までのクロスボーンとはほとんど変わりませんが、

ブレードアンテナや、Iフィールド発生装置が新規造形で再現されています。

 

IMG_4011

平手も付属しているので、Iフィールドを発生させている状態を再現できます。

 

IMG_4012

発生装置のモールドはかなり細かく作られています。

 

多彩な武器はクロスボーンならでは?どれだけの武器がある?

Sponsored Link



IMG_4010

フロントスカートはアンカーになっており、射出状態をリード線で再現可能です。

 

IMG_4013

足裏から出るナイフも差し替えで再現。

 

IMG_4015

別パーツになりますが、ナイフを手に持たせることもできます。

 

IMG_4017

ハンブラビの海ヘビのような装備もリード線を使って

射出状態を再現できます。

 

IMG_4019

大型のビームサーベル、

 

IMG_4025

通常のビームサーベル、

 

IMG_4020

ビームライフルと、この辺りは今までのクロスボーンガンダムから

全て継承されています。

 

ビームシールド発生装置がそのままIフィールドジェネレーターになっているので、

ビームシールドのエフェクトは付属してきません。

 

IMG_4021

X3と言えばコレ!

ムラマサ・ブラスターですね。

 

こちらはフルクロスの時に既にキット化が叶っていたため、

流用パーツとなっています。

 

IMG_4022

持ち方を変えることでライフルモードにも。

 

IMG_4023

大迫力のビームエフェクトももちろん付属。

クロスボーンガンダムX3が備えている武装は網羅されています。

 

IMG_4030

コアファイター用のパーツにバックパックのX字のブースターを取り付けることで

コアファイターに。

 

こちらも今までのクロスボーン系キットと同様の仕様ですね。

 

各クロスボーンとの比較は?シンプルが一番?

IMG_4028

フルクロスとの比較。

フルクロスは色分けこそ部分塗装で再現していますが、

基本的には成型色を活かして作ったため、大分印象が違います。

 

こちらにはピーコックスマッシャーを装備させています。

 

IMG_4029

X2改との比較。

機体デザインはほぼ同じでもカラーがかなり違うので印象も大幅に異なります。

 

IMG_4027

X1に一番近いかもしれませんね。

 

コミックとはいえ、クラックスドゥガチとトビアの舌戦は

今でも印象的なシーンとして記憶に深く刻まれています。

 

まとめ:ゴーストやダストも欲しくなっちゃうよね

IMG_4024

以上、クロスボーンX3のレビューでした。

 

プロポーションは今までのクロスボーンから見て

安心できていたので、特別心配なことはありませんでした。

 

IMG_4018

長く下っ端として戦っていたトビアがついにガンダムに乗り、

更にラスボスと直接対決をするという、王道スタイルには

読んでいた当時も痺れました。

 

UC120以降のモビルスーツはほとんど好きなので、

プレバン展開でもいいからこれからもある程度積極的に

展開してほしいですね。

 

Iフィールドは一年戦争時から存在していたものの、

ビグザムのような大型モビルアーマーにしか使うことができませんでした。

 

しかし時代が進み、小型モビルスーツに備えることが出来るように

なっている、という開発の系譜が透けて見えるのは面白い点ですね。

 

こうなるど、F99レコードブレイカーや、クロスボーンガンダムゴーストなども

欲しくなってきてしまいます。

 

さて、バンダイさん、いかがでしょうか?(笑)

 

関連記事

2017年に発売が予想されるガンプラは?本命はオリジン、次点はZZか?

2016ガンプラEXPOで発表された新作画像は?様々な世界から待望のキット化が続々?
Sponsored Link


 - ガンダム, ガンプラ