ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

スミ入れペンの使い分け方のコツは色選び?自然でリアルな仕上がりとは!

      2016/08/19

Pocket

Sponsored Link



前回はスミ入れペンの種類をご紹介しました。

 

関連:初心者向けディティールアップはスミ入れがオススメ!専用ペンの種類と価格は?

 

今回からはその活用法を実践していきますよ!

まずは一番ベーシックなスミ入れペンの使い方から見ていきましょう。

 

スミ入れの基本!筋彫りをなぞれ

スミ入れとはパーツの筋彫りに暗い色を入れて

メリハリをつける手法です。

IMG_0077

実際の例がこちらです。

ガンダムは架空の機械ですが、

車や家電などをよく見ると部品と部品の間に影ができてますよね。

 

実在するものに近づけることで、架空の機械であるガンダムも

リアリティを持たせることができるのです。

 

IMG_0119

画像ではブラックを使っています。

基本的な使い方は画像のように筋彫りをペンでなぞります

修正はできますが、慌てずゆっくりとなぞると良いです。

 

IMG_0120

腕のパーツにスミ入れしたのがこちらです。

リアリティが出てきましたね!

 

しかし所々線が歪んでしまっていますね。

次の項ではその修正方法をご紹介します。

消しペンと綿棒を使った修正方法

Sponsored Link



IMG_0025

前回紹介したこちらの消しペン

ペン先をそのまま部品に押し当てて使うこともできますが、

コントロールがなかなか難しく、使い慣れていても失敗してしまうことがあります。

 

IMG_0090

そこで、このようにペン先を綿棒に押し当て

液体を綿棒に染み込ませましょう。

この時に、あまり染み込ませ過ぎないことがポイントです。

 

IMG_0130

筋彫りの中に液体が入っていかないので、歪んでしまった部分だけを

キレイに修正することができます。

 

マニキュアの除光液や、プラモデル用のうすめ液でも

同様の効果を得られますが、より人体に害が少ない

こちらの方法をオススメします。

3色を使い分けてナチュラルに仕上げる

IMG_0023

前項までの例では画像で言う中央のブラックを使っていました。

 

しかし同様のペンがあと2色あります。

これは何故なのでしょうか。

 

実際に比べてみるのが早いので画像を見てみましょう。

IMG_0132

向かって左側がブラック、右側がグレーでスミ入れしたものです。

どちらがより自然に見えるでしょうか。

 

その人の感覚や好みにもよるので、

一概に「これでなくちゃダメ!」というわけではありませんが、

グレーの方がナチュラルに見えると思います。

IMG_0078

ガンダムに使われている色を見ると

  • ホワイト
  • ブルー
  • レッド
  • イエロー
  • グレー

が使われていますね。

 

ホワイトやイエローといった薄い色に対し

濃い色でスミ入れすると浮いて見えてしまうんです。

 

試しにイエローとレッドに対してブラウン

ブルーに対してブラックを使ってみましょう。

IMG_0134

スミが自然にパーツに溶け込んでいるのがわかるでしょうか。

IMG_0135

正面から。

襟部分のイエローの部品が分かりやすいと思います。

 

よりリアルに見せるにはこのようにナチュラル

仕上げていくのが私は良いと思っています。

 

頭部に関してはよりメリハリがあった方がいいと思ったので、

フェイス部のスリット側頭部のダクトブラックでスミ入れしました。

 

基本のスミ入れまとめ

今回は一番ベーシックなガンダムマーカースミ入れ用を例にして

スミ入れの基本をご紹介しました。

 

ガンプラに決まりごとはなく、自由に楽しむのが一番ですが、

自由な中にもある程度節度がなければ下品に見えてしまうこともあります。

 

次回はより実戦的なスミ入れペンの活用方法をご紹介していきます。

より自然に、よりカッコ良く見えるテクニック紹介できれば

と思っていますのでお楽しみに!

 

関連記事

ガンプラポージング講座!ガワラ立ちとカトキ立ちが基本

ニッパーを使ったアンテナのシャープ化方法。お手軽加工でレベルアップ

ガンプラの基礎 ニッパーを使った「二度切り」の方法

Sponsored Link


 - ガンダム, ガンプラ , ,