ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

RGユニコーンガンダムのレビュー画像は?変身の再現は今までで一番?

   

Pocket

RGユニコーンガンダムのレビュー画像は?変身の再現は今までで一番?

 

赤いサイコフレームのフルアーマーユニコーンガンダムが

発売になった時、RGでのユニコーン発売はかなり先と踏んでいました。

 

それはやはり複雑な変身機構の再現の難易度が高いと思ったからです。

 

しかし、バンダイさんはすごい!

私の(勝手な)想像を遥かに超える速さで

RGでのユニコーンガンダムをリリースしてくれました。

 

早速作ってみたのでご紹介いたします。
Sponsored Link


素組みレビューは?スミ入れのタイミングはいつ?

ユニコーンモード素組み

こちらが素組みしたものです。

 

組んでいる最中に貼るリアリスティックデカールは貼りましたが、

マーキングシールなどはまだ貼っていない状態です。

 

プロポーションは理想のものですね。

さすが様々な形でリリースされてきたユニコーンガンダム。

 

技術の蓄積が見て取れます。

後ろ姿。

 

モビルスーツのバックショットは何故かとてもカッコ良く見えるものなのです。

 

武器をフル装備させた状態。

シンプルですが真っ白ということもあり、雰囲気が独特ですね。

バックパックに装備をマウントする機構はしっかりと継承されています。

こちらはバズーカを懸架していますが、ビームマグナムももちろん取り付けられます。

 

デストロイモード素組み

各部を展開させ、デストロイモードへ。

 

記憶が曖昧になるくらいにユニコーンガンダムを作り、変身させてきたので

説明書ナシでもスムーズに変身をさせることができました。

 

パーフェクトグレードにあったアンチェインドモードはRGでは再現不可となっています。

各部を展開させるだけでここまでガラっと印象が変わるモビルスーツは

きっと他にはないでしょうね。

 

パーツが小さくなった分動かしにくくなってしまった部分は

スライドギミックを駆使して対応。

 

フル装備状態。

 

変身はシークエンスこそ今まで通りですが、

ロック機構が新たに採用されているなどしているので

小さいスケールでもガッチリとデストロイモードに出来ました。

 

スミ入れのタイミングは?

上の画像はスミ入れが既に入っています。

 

ユニコーンガンダムはその特徴的な性能から

とても面が多く、デザインはとても複雑なものになっています。

 

パーツ数はそれほど多いというほどでもありませんでしたが、

後の負担を考えるとランナーからパーツを切り離した際にスミ入れを

施してしまうのが合理的かもしれません。

 

マーキングシールは意外と少ない?

Sponsored Link



素組み、スミ入れに続いて、次に行った工程はマーキングシール貼りでした。

 

最初期の頃と比べるとマーキングシールは若干少なめな印象。

しんどいなーと思う前には終わりますよ。

 

モビルスーツのバストアップはカッコいいなぁ。

 

マーキングシールが細々としているように見えますが、

実際にはそこまでしんどい量ではありませんでした。

 

ちょっと汚してツヤ消しフィニッシュ

ユニコーンモード

リアルタッチグレー3とリアルタッチブラウンを使い、

ほんの少し汚しを加えて、プレミアムトップコートでフィニッシュとしました。

 

ハーフトーンを成型色で表現しているものの、

基本は白一色なので、少し影を入れるようなイメージで

汚しを加えると、更にメリハリが生まれます。

 

プレミアムトップコートの威力は本当にすごいです。

 

素組みでもビシっと決まるRGですが、更に締まった印象となりました。

GSIクレオス B603 水性プレミアムトップコート つや消し スプレー(ZV17867)

価格:500円
(2017/9/9 02:06時点)
感想(0件)


 

デストロイモード

発表された当時から衝撃的でしたが、10年以上経った今でも

その驚きは褪せませんね。

 

小説という媒体だからこその、この複雑なデザイン。

これをアニメにして動かしてしまったというのだから、

技術の進歩は素晴らしいですね。

 

クシャトリヤのファンネルを無効にしたりと、

初期から驚愕の性能を見せていましたが、

 

覚醒した時には周辺の兵器が全て活動を停止させるという

チートな能力が発覚し、さらに私たちを驚かせてくれました。

 

シールドもビュンビュン飛んでましたね(笑)

フェイス部はスリットが開口されておらず、モールドで再現されています。

これこれ。これが良かったんです(笑)

ポージングしながら武装紹介

ビームマグナム

ユニコーンのメイン武装といえばビームマグナム。

エネルギーパック丸々1個使って一発発射するという、とんでもない威力のビームライフルです。

 

それほど積極的には使われませんでしたが、

発射される時のSEが初代ガンダムのビームライフルの発射音と同じで、

とても懐かしく感じたのを覚えています。

 

ハイパーバズーカ

強力なビームを放出するビームマグナムとは別に、

実体弾を使用したハイパーバズーカ。

 

ガンダムタイプだろうと、ザクであろうと、ジムであろうと

バズーカを携えたモビルスーツは例外なくカッコいいと私は思っています。

RGユニコーンのハイパーバズーカは伸縮機構を備え、

懸架時と使用時を再現しています。

 

デストロイモードでもズドーン。

大きな武器っていうのはやっぱりロマンを感じてしまうものなのでしょうか。

 

ビームトンファー

背中に2基と、腕に2基装備されたビームサーベルユニット。

腕に取り付けられたものは前方に展開することでビームトンファーとなります。

 

この発想もなかなか面白いと思いましたね。

 

シナンジュと並べられる!HG版との比較画像は?

シナンジュと一緒。

ユニコーンの基礎設計はシナンジュを参考にしているので、

この2機はいわば兄弟機。

 

ユニコーンがRGでリリースされたことで、やっとRGシナンジュと

ツーショットで並べられます。

 

シナンジュって大きいのね(笑)

バックショットも比較。

シルエットはかなり違いますね。

 

紅白でなんだかおめでたい感じが出てません…?(笑)

 

最終決戦ではユニコーンは覚醒色、シナンジュはネオジオングの中にいたので

あまり直接戦う機会はありませんでしたが、ライバル同士なので

どうしても一緒に並べたくなってしまいます。

 

HGUCユニコーンガンダム

HGUCの記念すべきNo.100としてリリースされ、

NO.199では成型色を変えたフルアーマーモードでリリースされた

赤いサイコフレームのユニコーンガンダム。

 

今回比較対象にしたのは、かなり気合を入れて作ったNo.199のもの。

 

個人的なアイデアをガンガン投入して作り上げたHGUC版ですが、

RGはすごいですね…。ほぼ素組みだというのに…(笑)

 

身長が異なるのは変形機構を備えているか、いないかの違いでしょうか。

 

それでもどちらもとっても気に入ってます。

 

まとめ:迷わず買い!

以上、RGユニコーンガンダムのレビューでした。

 

待ったぞ!というよりは、え?もう出るの?

という個人的な印象でしたが、出来栄えは素晴らしかったです。

 

RGの弱点とも言える関節部の保持も良くなっていました。

 

「可能性の獣」と呼ばれるからには、これからの展開も期待しちゃいますよね。

 

バンシィ、バンシィノルンはもちろん、フェネクスや覚醒Ver.、フルアーマーなど

とにかくバリエーションが豊富なユニコーンガンダム。

 

プレバン行きになってしまっても仕方がないと思いますが、

バンシィノルンくらいは一般発売してほしいものです。

 

来る所まで来たな、といった感じのRGシリーズですが、

次なる展開はどうなるのでしょうか。

 

もうすぐ訪れるガンプラ40周年に向けて最も期待が出来るシリーズだと思います。

ZZとνは出してほしいなぁ。

 

オリジン版のガンダムとかも出るかもしれませんね。

 

楽しみです( ^^)

RG 1/144 ユニコーンガンダム プラモデル 『機動戦士ガンダムUC』より[バンダイ]《発売済・在庫品》

価格:3,070円
(2017/9/9 01:52時点)
感想(0件)


Sponsored Link


関連記事

フルアーマーユニコーンの作例画像は?簡単加工でどれだけ完成度が上がる?

RGシナンジュと拡張セットの組み合わせ画像は?破損頭部のウェザリングはどうやる?

HGイフリートシュナイドの作例レビューは?手軽にカッコ良く見せるポイントはどこ?



 - ガンダム, ガンプラ