ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

快適な睡眠取れていますか?春を前にリズムを整えましょう

   

Pocket


-スポンサードリンク-


春の訪れがもたらす自律神経のバランスの崩壊

立春を過ぎ、日本列島に少し早い春一番が吹きました。

気温はまだ低いものの、肌を差すような寒さは次第に和らいできていると思います。

冬は終わりを告げ、春へと移り変わっていく時期となりました。

spring1

気温が上がり、花が咲き、うららかな太陽の光に心躍る…。春にはそんなイメージがあります。

しかし、季節の変わり目は自律神経のバランスが崩れる季節でもあります。

特に、冬と、夏の終わりはそれが顕著に表れます。

春先には自律神経でも、交感神経が優位となり、ストレスを感じやすくなります。

そのため精神的に不安定な状態になる可能性もあります。

 

都市伝説のような話ですが、春になるとおかしな人が出てくる、なんて話を聞いたことはないでしょうか?

実際におかしくなっているかどうかは別として、それは交感神経優位に伴う不安定な精神状態のことを言っているのだと思います。

 

不安定な神経は不眠をもたらす

秋には逆に副交感神経優位になる傾向があるため、風邪を引きやすいなど、体調を崩しやすいのです。

さて、自律神経のバランスの崩壊は何を招くでしょうか。

ピンとこないかもしれませんが、様々な神経障害から、最悪の場合はうつ病を患う可能性もあるのです。

 

これらの病気に自覚症状は少なく、細かな体の変調がサインとなります。

一番サインとして自覚症状が強いのは、睡眠の変化です。

 

  • 寝つきが悪くなった
  • 真夜中に起きてしまうことが増えた
  • いつもより早く目覚めてしまう
  • 全く眠れなかった

いつもと同じ生活を送っていて、このような変化を感じたら、自律神経のバランスが崩れ始めているサインです。

もしも2週間くらい継続しているようなら、一度専門医に診てもらうことをオススメします。

humin

統計として、うつ病患者の9割に睡眠障害の症状が出ています。

心療内科や、精神科は何も怖い所ではありません。

風邪を引いたら内科に行くように、体の変調に応じて正しい治療を受けることが、悪化させない最善の道なのです。


-スポンサードリンク-


 

眠れない、寝ないとまずい、でも寝れない

「眠れない」という症状は、翌日に「今夜また眠れないのではないか」という不安をかきたてます。

「眠れないかもしれない。でも寝なければいけない」というストレスが、交感神経を興奮させ、覚せい状態になっていまいます。

そうするとまた「眠れない」という悪循環を引き起こします。

 

しっかりと睡眠を取らないと、日常生活にも悪影響が出てしまいますよね。

humin2

夜に眠くなるメカニズムを理解する

正しいバランスで自律神経が保たれていると、夜間には副交感神経が優位となり、体がリラックス状態になります。

その為自然と眠くなるのです。

もしも日常的に眠れないことが多い人は、生活習慣が乱れている可能性がありますので、規則正しい生活を送ることで症状を改善していくことができます。

 

しかし上記のようにストレスが溜まっていると、疲れていても眠れなくなってしまうので、副交感神経を優位にしてあげる必要が出てきます。

 

ある行動をすることで、脳や神経に「もう夜だよ」「寝る態勢だよ」と教えてあげることができるのです。

副交感神経が優位となるとリラックス状態となるように、リラックスすれば副交感神経が優位になってくれるのです。

 

  • ストレッチをする
  • 深呼吸をする

 

ストレッチは筋肉の硬直を和らげ、体を楽にしてくれます。深呼吸は落ち着きたいときにみなさん行う動作ですよね。

あとは、「寝なくてはいけない!」という義務感に捉われすぎないことが大事です。

眠れない時は無理に寝ようとせず、睡眠時間にもこだわりすぎず、眠いと思ったら床に就くのが良いでしょう。

rirallusu

 

季節の変わり目だから、仕方がないところもある

季節の変わり目は寒暖差が激しくなるため、体の調節機能が追いつかず、自律神経のバランスの崩してしまいます。

個人差はありますので、人によって症状は様々ですが、私の場合は睡眠障害の他、動悸が激しくなったり、肋間神経痛を伴うこともあります。

仕方なくお薬に頼ってしまう時もありますが、こちらも用法、用量を正しく守らなければ、症状を悪化させてしまいます。

 

眠れずに不安を感じるよりも、眠れない時間に自分なりの方法で頭や体をリラックスさせることを優先させましょう。

よい睡眠と、規則正しい生活が、健康で快適な毎日を作るのです。

suimin

不調を感じたらまず病院へ。

もしも最悪の展開になってしまった場合、元に戻るためにはとても長い時間がかかります。

軽く検査だけするつもりで診察してもらうことが大事です。

皆さんが健やかな生活を送れるように祈っております。

 

関連記事

【パニック症】正しく理解して健やかな生活を

ウォーキングで整える日々の健康

 

 


-スポンサードリンク-


 

 

 - 未分類