ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

【ダウンタウンなう】すっかりハシゴ酒だけになっちゃったけど

   

Pocket


-スポンサードリンク-


飲みに行きたくなる番組

フジテレビ系で放送されている「ダウンタウンなう」。

坂上忍さんとダウンタウンの3人が、話題の人とお酒の席で本音で語り合う「本音でハシゴ酒」が人気ですね。

最初期はほぼ生放送で際どい方々を呼び、聞きたいような聞きたくないようなギリギリの質問をしていく番組ということで話題になりました。

私はこの時期の放送形態もキライではなかったのですが、ほぼ生という状況での緊迫した雰囲気と、危ない発言にドキドキしてしまうことも多く、内田裕也さんが出演した時には平愛梨さんの失言によって一触即発ムードになるなど、必ずしも安心して見れるものではありませんでした。

そんな中、話題の人を呼び、お酒を飲みながら話すという「本音でハシゴ酒」というスペシャル企画が好評に。

番組はほぼ生放送という形態から、「本音でハシゴ酒」へシフトしていくのです。

 

危ない話題を孕みつつも、楽しく話すダウンタウンのお二人と坂上忍さんを見ていると、思わずお酒を飲みに行きたくなってしまいます。

kimimaro

それでもギリギリ。このメンバーじゃないと成り立たない

フィールドは変わったものの、番組の基本コンセプトは変わりません。

普通の番組では扱えないギリギリの有名人を呼び、事の真相を聞こうというギリギリの企画。

こちらは事前にロケをして、編集が入ってるのであまりにも危険な部分はカットされているので、安心して見れることは見れるのですが、

例えばオセロの中島さんが出演した時なんかはドキドキしっぱなしでした。

 

再起となるか、潰れるか

スキャンダルに見舞われてしまうと、テレビ出演などが激減してしまう芸能人。

最近ではベッキーさんが話題になりましたが、なかなか復帰することが難しいケースも少なくありません。

釈明の仕方に賛否があった矢口真里さんは復帰に1年半近くもかかってしまっています。

関連:ベッキー不在で巻き起こる女性タレント戦国時代

 

しかし「ダウンタウンなう」で真相を語ることによって、救済される方もいるようです。

加護亜依さんは様々なスキャンダルに巻き込まれ、事務所との契約も終了、フリーとなってしまいました。

「ダウンタウンなう」出演後はわずかではありますが徐々に露出が増えているような気がします。

 

アンタッチャブルの柴田さんも色々と勘繰られていましたが、ほとんどが誤解であり、相方とも仲が良いことが明かされました。

柴田さんが休養中に山崎さんが大ブレイクしてしまったこともあり、柴田さんが頑張らなくてはいけないと語りました。

事情も分からず相方を置いてきぼりにして休養したヤツというイメージから、山崎さんに追いつく為に頑張ってるヤツという、温かく見守られるキャラクターへと変わりました。

 

話題が際どいので、放送後にネットニュースになることも多く、様々な方が注目している番組のようですね。


-スポンサードリンク-


 

松本のボケと浜田の天然、坂上の酒癖が救い

こんな危ない番組が成立しているのは、ダウンタウンのお二人、坂上忍さんの力がやはり大きいです。

普通なら重苦しい雰囲気になってしまう話題の時に、普通にごはん食べたりする浜田さんの天然ぶりや、

隙間隙間に上手い言葉で場をまとめる松本さんの発想力、

そして話を引き出すのが抜群にうまい坂上さんの話術とハート。

このタレント力の最高峰とも言える3人があたたかく包み込むことでエンターテインメントとして成り立っているのだと思います。

honnnesihimura

もしかして知っていた?語り口が危うかったあの場面…

この間覚せい剤取締法違反で逮捕された清原容疑者も「ダウンタウンなう」に出演しています。

突然のお遍路や、タトゥーを入れたことが話題となり、何故そのようなことをしたのかを聞きだす3人。

そんな中、薬物使用の疑いもかけられていることも話題となり、その時に浜田さんが

「キヨ、お前、やってないんやな?」

と質問する場面がありました。

しかし浜田さんの目線は清原容疑者を捉えておらず、キレッキレのツッコミが売りの浜田さんが非常に言いづらそうにしていたのが印象的でした。

 

清原容疑者の一報を聞いた時に、私はすぐにこの場面が脳裏をよぎりました。

スポーツ選手と広く交流のある浜田さんなので、なにかしら事情を知っていたのかもしれません。

真相は分かりませんが、浜田さんは疑っていたのかもしれません。

しっかりと本人の口から「やってない」と聞きたかっただけなのかもしれません。

しかし結果は最悪に。後味の悪さだけが残りました。

downtownnow

今後も続けていけるのか

芸能界にスキャンダルがある限り、番組のネタは尽きないとは思いますが、話題が際どいのは確か。

テレビ番組は時代と共に変わっていき、昔のような危ない番組作りはできず、当たり障りのない番組が増えたような気がします。

あの頃を知っている方々にとっては「ダウンタウンなう」は数少ない「アブナイ」番組なのかもしれませんね。

 

ベッキーさんの休養は今年いっぱいと聞いていますので、来年の頭に「ダウンタウンなう」に出演し、円満復帰をしてほしいものです。

 

関連記事

【田村ゆかり】一斉終了を説明。大人の事情は複雑だね…

不倫がバッシングされるのは何故なのか。お茶の間が欲しい話題

石坂浩二さん鑑定団降板の裏に、陰湿な業界の闇?

 


-スポンサードリンク-


 - エンタメ