ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

不倫がバッシングされるのは何故なのか。お茶の間が欲しい話題

      2016/02/09

Pocket


-スポンサードリンク-


スキマにちょこちょこ入ってくる

tv

今年頭に芸能界を激震させた大事件、「SMAP分裂危機」「ベッキー不倫」「清原和博」。

清純で優等生なイメージで人気を誇ってたベッキーの初スキャンダルは瞬く間に日本を駆け巡り、連日ワイドショー等で新しい情報が報道されました。

 

しかし「SMAP分裂騒動」が泥沼化すると、話題はそちらへごっそり持っていかれてしまいます。

メンバー全員が揃って生放送で謝罪し、その内容に賛否両論もありましたが、事態は収束していきます。

 

その後ベッキーの「LINE流出騒動」が取り沙汰され、再び目線はベッキーへ。

レギュラー番組全てを休み、精神状態がかなり不安定な事が知らされます。

ベッキー本人や、お相手の方よりも、周囲の人間の証言まで波紋は広がっていきます。

 

その最中今回の「清原騒動」。

再びベッキーから視線が外れてしまいます。

 

それでも連日ニュースサイトではベッキーの近況がアップされ続けているのはどうしてでしょうか。

 

話題性としては軽すぎず重すぎない…のか?

ƒvƒŠƒ“ƒg

SMAPや清原和博に関しては、一般的にはいまいち現実味がないのか、どこか他人事のように思う人が多いのかもしれません。

ベッキーの話題は簡単に言ってしまえば「痴情のもつれ」ですよね。

大人気テレビタレントのスキャンダルということで注目はされますが、恋愛感情は身近なものなので話題にしても盛り上がりやすいのかもしれません。

 

話題が長期化し各方面から声が

石坂浩二さんの騒動の中、芸能リポーターの井上幸三さんが島田紳助さんとコンタクトを取った時、ベッキーに対してのコメントも話していました。

「全てを賭けて恋愛をした結果。」という発言が絶賛され、既に芸能界を引退した島田紳助さんの好感度が上がるという不思議な現象も起こりましたね。

 

演歌歌手の瀬川瑛子さんや、西川史子等がこの件にについて発言したりと、話題は尽きません。

勝俣邦和さんは「早く元気で戻ってきてね」とエールを送りました。

騒動の収束は見込めませんが、話題はどんどん拡散していきます。


-スポンサードリンク-




 

不倫はどれだけ悪いのか

couple3

日本において重婚は認められておらず、離婚においてもお互いの同意が必要になります。

少し前に三船美佳さんが夫の高橋ジョージさんに対して離婚を申し立てる裁判を起こしたことで話題になりましたが、これはお互いに別の相手がいるわけではなく、夫婦間の価値観の違いによるものでした。

 

2年ほど前には元モーニング娘。の矢口真里さんの不倫が発覚し、日本中から大バッシングされます。

 

人間である以上は本能という物があり、果たすべき宿命として種族を保存しようとします。

それが恋愛感情に繋がっていくわけですから、「この人と種族を保存したい」と思った相手が既婚であっても不思議ではないと思います。

 

その昔、石田純一さんが「不倫は文化だ」と発言し、社会現象となりました。

苦し紛れの言い訳に聞こえなくもないですが、「恋愛はもっと自由であるべき」と主張していたのかもしれません。

 

基本的に結婚は愛し合った物同士でするものであり、片方が別の誰かに目線をやれば、もう片方に嫉妬という感情が生まれます。

この嫉妬という感情は恋愛だけに留まらず、様々な場所で発生し私たちの暮らしに根付いています。

 

感情という物はひどく曖昧で、個人で考え方も違います。

ズレが生じるのは当然といえば当然で、好きな人がいてもすぐに別の人に乗り換えるなんて話はよく聞きますし、

一人の人に何年間も片思いをしている、なんて話は美談になったりもします。

 

芸能界だけでなく、もちろん一般の人も同じで、国民のほとんどが恋愛感情についてなんらかの思いを持ち、共有したりすることができるでしょう。

 

複数の人と同時に恋愛をしてはいけない、という常識はそういった人類の歴史から生まれていったもので、そういう意味では

「不倫は文化」という言葉にも筋は通っています。

 

「芸能人性を絶たれても自分の思いを遂げようとした」という島田紳助さんの発言にも非常に深い意味が込められていると思います。

 

自由に恋愛もできないのは窮屈でしょう?

kataomoi

基本的に恋愛は自由であるはずなんです。

連日報道されるように、ベッキーに対して発言する人も、あくまで自分の意見、価値観を話しているだけです。

 

実は私も既婚の方に恋愛感情を抱いたことがあります。

私は相手の幸せを考え、思いを告げずに身を引く決意をしました。幸せそうに家族の話をする笑顔も含めて好きだと思っていたので…。

 

曖昧なものに対して決まりごとを作って、それに反することは悪いという先入観がバッシングの原因になっていると思います。

 

ベッキーは私たちと何ら変わらず、自分の恋愛をしただけですから。

 

ただ、CMに起用していた会社や、所属事務所から見ればベッキーの「タレントとしての商品価値」が下がったことに頭を悩ませています。

名前も顔も広く知られているのだから、責任感は持っていてくれ、という願いがあったのでしょう。

 

それに関しては軽はずみではあったと思いますが、私個人としては「しばらくほっといてあげなよ」と思ってしまいます。

 

関連記事

ベッキー不在で巻き起こる女性タレント戦国時代

石坂浩二さん鑑定団降板の裏に、陰湿な業界の闇?


-スポンサードリンク-


 - エンタメ