ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

【僕のヒーローアカデミア】君がすごい人だから!勝って越えたいんじゃないか!!熱いね!

   

Pocket


-スポンサードリンク-





模擬戦闘訓練が因縁の対決に

オールマイトが担当する「ヒーロー基礎学」での戦闘訓練は奇しくも幼馴染同士の対決となりました。

hero0701

昔から才能に溢れるかっちゃんと対照的にザ・凡人のデク。

かっちゃんがデクを見下ろし、デクはかっちゃんに憧れた。

hero0702

ずっと無個性だと思っていたデクが個性を備え、しかも国内最高峰であるヒーロー養成学校に入学。

今まで道端の石コロ程度にしか思ってなかったヤツが、今目の前に立ちはだかっている。

かっちゃんの心は揺れに揺れ、イラ立ちはMAXなのです。

hero0703

齢4歳にして知る社会の現実「人は生まれながらに平等じゃない」。

それでも憧れてしまった。そして努力して勝ち取った権利!デクにも負けられない理由があります。


-スポンサードリンク-





 

勝ちたいデク、排除したいかっちゃん

hero0704

作戦も立てず、一人勝手に暴走したかっちゃんに怒りを露わにする飯田君。

hero0705

オールマイトとクラスメイトは別室で観戦中です。

轟君はすごくドライに見えるし、実際ドライだけど、きちんとヒーローに憧れる熱血少年です。

みんなで「Plus Ultra!!!」と叫ぶシーンにもきちんと参加していますよ。

 

hero0706

かっちゃんとタイマンに持ち込み、お茶子ちゃんをヴィラン(飯田君)捜索に向かわせます。

hero0708

長年書き溜めたノートの内容を瞬時に引き出し…

hero0709

かっちゃんの攻撃を回避!バシバシ個性を出してくるかっちゃんを相手に、その身ひとつでデクは対応してみせます。

hero0710

ずっと俺を騙してたのかよ!そりゃさぞかし気持ちよかっただろうなぁ!

煽りまくるかっちゃん。No.1ヒーローを目指すかっちゃんにとって他人は等しく邪魔な壁ですが、そのひとつが幼馴染で無個性のデクだとは認めたくないご様子です。

hero0711

その間デクは頭の中で作戦会議。かっちゃんとの因縁よりも、この勝負に勝ちたいという気持ちが見て取れますね。

 

hero0712

「すごい」かっちゃんと「すごくない」デク。

hero0713

個性の発現によりその状況は更に悪化。

「まわりがすごくないんじゃない!オレがすごいんだ!」

hero0714

そしてやがてデクが無個性であることが判明。

「デクがいっちゃんすごくない」

 

一番すごいオレ!と、一番すごくないデク。かっちゃんの中でこの関係は幼い頃から変わらないものです。

hero0715

誤って川に転落したかっちゃんに「大丈夫?」と声をかけるデク。

その行動は彼の自尊心に大きく傷をつけます。

hero0716

すごくないヤツに心配なんかされてたまるかよ

俺が、一番なんだ

才能に溢れたが故の葛藤なのでしょうね。

 

お茶子ちゃんと飯田君も会敵!模擬戦闘訓練はクライマックスへ!

hero0717お茶子ちゃんは飯田君と核を発見。デクに報告します。

ぷりぷりオケツかわいい。

hero0718

クソがつくほどマジメな飯田君は、かっちゃんの行動を見て、ヴィランのそれだと思います。

訓練の構造を考えるならば、自分もヴィランになりきるべき。

「俺はぁ…至極悪いぞぉ…」

とりあえず、形から入りましたwww

 

hero0719

「マジメや!」思わず吹き出すお茶子ちゃん。この子の笑いの沸点は低そうですね。

これによって飯田君に発見されてしまいます。

 

触れたものを浮かせるというすごい個性を持つお茶子ちゃん。その強力な個性を持つ彼女への対策として

hero0720

部屋の物を片付けておいた飯田君!すげぇ!ww

 

hero0721

一方まだまだ煽り続けるかっちゃんの苛立ちはいよいよピークに。

hero0722

かっちゃんの個性は手から出る汗を燃料として爆発させるもの。

要望に出したコスチュームの篭手には汗を溜めておける装置がついており、溜めれば溜めるほど爆破の威力が増します。

hero0723

「僕はもうかっちゃんを怖がらない!」と息巻いたデクの心を一発で折る一撃。

 

hero0724

お茶子ちゃんは自らを浮かせ核を奪いにかかります。

hero0725

しかし飯田君も対策は練っており、その機動力を生かしお茶子ちゃんを回避。

hero0726

すっぽ抜けたお茶子ちゃんはあられもない姿にww

ぷりケツかわいいな!

 

hero0727

「個性を使えよぉ!」もうひたすら煽るだけのかっちゃん。

hero0728

その間もお茶子ちゃんと連絡を取り、作戦を進めるデク。

この行動にまたもかっちゃんはカチンと来てしまいます。

 

hero0729

そこへオールマイトから警告が入ります。

さっきの強力な爆破を使えば強制終了、ヴィランチームの敗北と宣告されてしまいます。

 

hero0730

ならば殴り合い!とデクにとびかかるかっちゃん。

hero0731

驚異的な身体能力でデクを翻弄します。

hero0732

冷静な判断力を評価する轟君。あれ、今回初めて喋ってる?このペースだととりあえずは1期はそれほど出番ないんだよなぁ…。

 

hero0733

轟君の意見に八百万さんも同調。

クラス全員がかっちゃんをセンスの塊と評価します。

峰田くんは八百万さんのやおよろっぱいしか目に入らないようですがwwwww

 

hero0734

「ダメだ、やっぱり強い…。もう、使うしか…。」

使えば体への反動を避けられないワンフォーオール。この間相澤先生にも言われていました。

一発撃ってボロボロになって、周りに迷惑をかけるわけにはいきません。

hero0735

教師としては止めるべき…。しかし…!

デクの成長に期待するオールマイトの心も揺れ動きます。

 

hero0736

そうやって見下して笑ってたのかよ!

hero0737

違う!君がすごい人だから!勝って越えたいんじゃないか!バカヤロウ!

かっちゃんが執拗にデクに固執するように、デクもまた、かっちゃんには負けたくないのです。

hero0738

もうどこ見てるかわかんねぇな、かっちゃんww

 

hero0739

ついにワンフォーオール発動!

hero0740

かっちゃんとの爆破と真っ向から対峙!

 

かと思いきや、ここでお茶子ちゃんに通信!

hero0741

行くよ!麗日さん!

片足上がってるのかわいい!そしてプリケツ!!!

hero0742

ワンフォーオールを真上に発射!とてつもない威力が建物を貫きます。

hero0743

大きく開けた穴のガレキを利用して柱で飯田君に向けて打ち返す!

hero0744

ジャコビニ流星打法!(ちがうww)

hero0745

確保!(核だけに)

 

hero0746

使うつもりはなかったんだ…。反動に耐えられないから…。

だけど、これしか思いつかなかった…。

hero0747

この表情、この行動にかっちゃんの心は相当グラついたでしょう。

今までの事を知っているからこそ、このデクの行動に脅威を感じるのでしょう。

 

hero0748

ともあれヒーローチームの勝利!

お茶子ちゃんはキャパオーバーで酔ってるだろうし、デクは見た通りボロボロなんで、どっちが勝ったかわからんですけどねww

 

コンプレックス同士がぶつかり合うという少年マンガの王道展開に、ジャンプ掲載当時も何度も読み返した回でした。

改めてアニメで見て、やはり画面にくぎ付けに。

かっちゃんの個性は改めて映像映えするなぁ、と。

そしてかっちゃん役の岡本さんはメチャクチャハマってんなww 一方通行くらいハマってますね。

来週は考察してクラス委員とかのくだりかな?

熱い戦闘のあとのクールダウンエピソードですが、かっちゃんとデクの関係性も少しずつ変わっていく重要なお話も含んでいるので、楽しみです。

 

関連記事

【僕のヒーローアカデミア】コスチュームお披露目!パツパツお茶子にやおよろっぱいヤベェェ!

【僕のヒーローアカデミア】受難に次ぐ受難!少年は経験を経て大きくなるのさ!

【僕のヒーローアカデミア】ワン・フォー・オール初発動!砕ける四肢に麗らかな虹www

 


-スポンサードリンク-





 - アニメ