ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

ラフタの愛機、百里の作例レビュー画像は?特徴的なバックパックに武器全部乗せ出来る?

   

Pocket

Sponsored Link



鉄血のオルフェンズのストーリーも佳境ですね。

 

第1期から鉄華団の後ろ盾となり、右も左もわからない彼らに

戦闘だけでなく、世界の渡り方なども教えてくれたタービンズが

テイワズのナンバー2、ジャスレイの卑劣な策により、解散に追い込まれてしまいました。

 

名瀬とアミダが命を賭して守ったタービンズのクルーでしたが、

その後、鉄華団を煽るためにジャスレイが差し向けた刺客により、

ラフタが凶弾に倒れてしまいます。

 

これは長い間ガンダムを見てきた中でも最大級の衝撃でした。

 

すごく好きなキャラだったので、彼女の搭乗時の愛機、

百里のレビューをしたいと思います。

 

タービンズの切り込み隊長?特徴的なフォルムがカッコいい!

IMG_3749

表面処理とウェザリングを施し、少しだけ部分塗装をし、

ツヤ消しトップコートで仕上げました。

 

全体的にかなり特徴的なフォルムをしていますね。

特にバックパックの存在感はかなりのものです。

 

IMG_3750

大型のバックパックユニットは、高感度のセンサーを備えているだけでなく、

ブースターとしての役割も担っています。

 

IMG_3751

サイドから見てもこの長さ。

この特徴的なフォルムから、バランスが悪いので、宇宙空間で主に運用されます。

 

IMG_3755

腕部展開時には、バックパックの一部がナックルシールドになります。

ナノラミネートアーマーに守られた攻防一体の武装ですね。

 

運用環境は限られますが、戦闘スタイルは幅広そうです。

 

変形して更に禍々しく?夢に出てきそうww

Sponsored Link



IMG_3753

バックパックに腕を収納し、脚部を後方へ向けることで

高機動形態へ。

 

初登場時はこの姿でしたね。

IMG_3754

エイハブリアクターの調整が上手くいってなかったとはいえ、

三日月が操るバルバトスと互角以上に渡りあっていました。

 

IMG_3769

一撃離脱戦法を得意とし、その機動性にバルバトスは翻弄されていましたね。

ガエリオのキマリスといい、三日月は突撃してくる相手を少々苦手としているようです(笑)

 

バックパックがウェポンラックに?かなりの量を搭載できる?

IMG_3757

バックパックの両サイドはウェポンラックにもなります。

IMG_3758

左右ふたつずつ、計4つの武器を搭載することができます。

百錬や獅電をはじめ、テイワズ系の武器ならばほぼ懸架可能です。

 

航続距離が長いので、前線への補給支援機としても運用されているようですね。

IMG_3759

4つフルに武装を乗せると、かなりのボリュームになります。

 

IMG_3797

更に上部の円形のパーツは取り外すとハードポイントがあり、

IMG_3798

クタン参型の滑空砲用台座を取り付けることも可能です。

 

見栄えが良くなる工作ポイントと、ポージングの方法は?

IMG_3763

鉄血に登場するモビルスーツの特徴でもあるシリンダーを

金や銀で塗るとそれらしくなります。

 

IMG_3762

左肩装甲には、モデグラ付録の水転写デカールで、タービンズのマークを入れてみました。

ワンポイントですが、かなり効果があると思います。

 

IMG_3764

面が広いので、モールドの情報量が、他の機体と比べて多いです。

丁寧にスミ入れすることで、見栄えがかなり良くなります。

 

IMG_3765

元々ライフルを2丁装備しているのですが、

ラフタはかなり器用なパイロットで、中距離のみならず

近距離戦闘も得意です。

 

獅電の武器を持たせると結構似合いますね。

IMG_3766

百錬のブレードももちろん似合います。

IMG_3761

肩の装甲が動くことで、可動範囲が広がるので、

ミサイルランチャーを構えた姿もビシっと決まります。

 

IMG_3756

ナックルガードがかなりカッコいいので、装備させるだけでも

かなり見栄えが良いです。

 

IMG_3768

バックパックを外した姿が、別の作品に出てきそうな

パワードスーツのような姿なので、これもこれでアリですね。

 

この姿なら、自立も可能です。

 

まとめ:ラフタの思いよ、永遠に…。幸せになってほしかった…

IMG_3767

以上百里の作例レビューでした。

 

一撃離脱戦法が得意とのことで、被弾はあまりしないと考え、

自然に付くような汚れをウェザリングマーカーで施しました。

 

第1期の頃から、グシオンと並んでかなり好きな機体でした。

グシオンのパイロット、クダルと比べると、

百里のラフタは超可愛いので、思い入れも違います(笑)

 

あんな最期を迎えるなんて…

せめて戦場で散らせてあげてほしかった…。

 

欲を言えば昭弘と幸せになってほしかったな。

 

物語上仕方がない展開だったとはいえ、

この悲しみは結構続きそうです(笑)

 

ラフタの搭乗機を順番に仕上げていくつもりでいるので、

次は漏影ですね。

 

うっすらとカラーリングのアイデアがあるので、

上手く実践できればと思っています。

 

関連記事

漏影のガンプラレビュー画像は?百錬やその他テイワズ製MSとの違いは?

百錬(アミダ機)のガンプラレビュー画像は?大活躍で株が爆上げ中?

辟邪のガンプラレビュー画像は?ラフタが乗り込むテイワズの最新鋭機の性能は?
Sponsored Link



 

 - ガンダム, ガンプラ, 鉄血のオルフェンズ , ,