ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

HGハシュマルのガンプラ画像は?鉄血に登場するモビルアーマーの大きさとギミックは?

   

Pocket

Sponsored Link



鉄血のオルフェンズの前半も佳境。

人類の脅威として立ちはだかったのは、なんとモビルアーマー

 

ガンダム世界では幾度となく強大な戦力として立ちはだかった

モビルアーマーがついに鉄血のオルフェンズにも登場しました。

 

しかもビーム兵器を携えて。

 

異質に見えていた鉄血も、ようやく過去の作品と

繋がり始めましたね。

 

物語に転機をもたらした

モビルアーマーハシュマルをご覧ください。

 

大きい!…けど過去作品のMAと比べると小さい?

img_2911

禍々しいという言葉がホントに似合う姿ですね。

 

両側の翼状のパーツがキュベレイなどを想起させます。

鳥、というよりは、翼竜の方がイメージが近いかもしれません。

 

img_2912

後ろ姿。

 

尾っぽのように頭部後ろから伸びる超硬ワイヤーブレード

リード線で再現されています。

 

従来のリード線よりも太いのでしっかりブレードを保持してくれています。

 

img_2926

モビルスーツとのサイズ差はこのくらい。

確かに大きいですが、今まで登場してきたモビルアーマーと比べると

若干小さめな印象です。

 

というかノイエ・ジールやらα・アジールやらが大きすぎるだけなのかもしれませんが(笑)

 

ハシュマル本体のギミックは?エフェクトパーツも付属。

Sponsored Link



img_2913

脚部を折りたたむことで飛行形態に

 

劇中ではこの形態に変形することで移動速度を速めていましたね。

img_2914

横に大きくパーツが広がっているので、

空気抵抗がものすごそう(笑)

 

劇中での移動速度は確かに速くはなかったけど

まさかそんな理由ではないですよね…(笑)

 

img_2916

頭部は差し替えで開閉を再現しています。

この辺りはもう少し頑張ってほしかったなぁ、という印象です。

img_2918

ビームエフェクトパーツが付属。

 

モビルスーツには効かなくても人間を攻撃するには

強力すぎる兵器です。

img_2917

初起動時の様子の再現。

可動範囲は広いので、このような角度も楽々こなします。

 

img_2931

脚部が開いて運動エネルギー弾発射形態へ。

 

この時足首のパーツが上にせりあがるようですが、

キットでは差し替えでの再現になっています。

img_2932

脚部クローの可動範囲も広いので、弄ってて楽しいです。

img_2930

劇中ではジュリエッタのレギンレイズもぶっ飛ばしていましたね。

 

img_2933

超硬ワイヤーブレード

ブレードよりも、ワイヤーの技術がすごいらしいです。

 

ウネウネとまるで生き物のように動く技術は、

鉄血の世界では再現不可能な、高い技術力が使用されているようです。

 

マクギリスはこれに見事に吹っ飛ばされてました。

 

img_2920

両翼と脚部を外したコアユニット。

img_2919

動力であるエイハブリアクターも確認できました。

 

ハシュマルから生み出されるプルーマとは?1機だけ付属してます

img_2922

資源さえあればハシュマルから無限に生み出されるというプルーマ

 

ヤッターワンみたいなもの…でしょうか(笑)

 

メインはハシュマルなので造りは若干簡素ですが、

フォルムは完璧に再現されています

img_2921

わらわらと群がり、侵攻する様はとても怖かったです。

img_2927

発見された時はモビルワーカーもどきと言われていましたが、

モビルスーツと比べてもなかなかのサイズです。

 

数があってなんぼの個体なので、付属がひとつだけなのは寂しいですが

まあ、仕方ないでしょう…。

 

あとで単体で発売してくれないかなぁ。

プチッガイみたいに(笑)

 

バルバトスルプス用新装備は新型太刀?劇中の激闘が再現できる嬉しさ

img_2934

ボーナスパーツとして、バルバトスルプス用の新型太刀が付属してきます。

 

モビルスーツのフレームに使用されている材質から錬成されているので

操縦者の技量次第でモビルスーツを両断することも可能らしいです。

img_2935

バルバトスと深く繋がった三日月さんなら

座頭市がごとくバッタバッタと敵を切り捨てていきそうですね。

 

img_2924

フラウロスに乗り換え、パイロットが不在となった三代目流星号

ライドが乗り込み、反撃のチャンスを作りました。

 

ライドは鼻血出してたので、阿頼耶識で繋がっていたんでしょうね。

img_2925

しかし単機ではハシュマルの圧倒的なパワーには歯が立たずピンチに。

そこへバルバトス登場!

 

仲間のピンチに駆けつけるミカさんはやっぱすげぇよ!

 

img_2928

フラウロス(流星号)もアニメで初陣を飾りました。

変形シーンがとてもカッコ良かったですね!

 

大型アイテムはなかなか発売されないので、

このように同スケールで並べて劇中を再現できるのは

すごく嬉しいことですね。

 

img_2937

モビルアーマーの登場で物語は一気に加速しそうですね。

2クール目もホント楽しみにしてます。

 

まとめ:年末恒例大型アイテムはロマンに溢れている

img_2915

以上、モビルアーマー ハシュマルのレビューでした。

 

毎年恒例の年末大型アイテムがこのような強敵というのも珍しいですよね。

img_2938

ちなみに去年はクタン参型でした。

大きさはほぼ同じ。

 

こちらはモビルスーツとの合体機構なども備えていたので

プレイバリューも広かったですね。

 

ちなみにその前の年はGセルフのアサルトパックでした。

 

img_2940

今回は合体ギミックなどはないのですが、

こんな感じでバルバトスと合体するんじゃ?と思っていた人も

多かったのではないでしょうか。

 

私はそう思ってましたし、誰かしら操縦者がいるのかと思ってました。

 

無人の殺戮兵器という、いい意味で裏切られ、

鉄血のオルフェンズをさらに盛り上げてくれてますね。

 

組立もシンプルなので、比較的手軽にこのサイズ感を楽しめます。

大きい分値段は張りますが、その価値は十分すぎるほどです。

 

やはり「大きいはロマン」ですね!

 

関連記事

獅電改(流星号)のレビュー画像は?歴代流星号とのカスタマイズ相性がバツグン?

ガンダムフラウロス(流星号)のガンプラ画像は?シノが駆るガンダムは可変機構付き?

バルバトスルプスのガンプラ改修作例画像は?鉄血のオルフェンズ感を出すウェザリングのやり方は?
Sponsored Link


 - ガンダム, ガンプラ, 鉄血のオルフェンズ , ,