ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

元祖超機甲神ガンジェネシスの画像は?アラサー歓喜の完全合体?

      2018/02/12

Pocket

元祖機甲神ガンジェネシスの画像は?アラサー歓喜の完全合体?

 

元祖SDガンダムが復活を果たし、機甲神エルガイヤーがリリースされた時、

まさか…と思っていましたが、残りの機甲神も5体セットとして商品化されました。

 

カードダスとして展開されていたのが25年前。

四半世紀も経っていたのですね(笑)

 

当時熱狂した人も、初めて元祖SDに触れる人にも

十分満足できる超大ボリュームのキットとなっています。
Sponsored Link


機甲神5体セットの内容は?ギミックはどんなもの?

ガンジェネシスに合体するのに必要な機甲神5体がセットなっています。

エルガイヤーは付属していません。

 

プレミアムバンダイ限定ならではの展開ですね。

エルガイヤーを所持している前提で商品化がされているようです。

黄火の機甲神マーキュリアス

マーキュリアス。ガンジェネシスの左脚となります。

変形、合体を前提としているため、

カードイラストなどよりも胸部が大型になっています。

 

胸部が展開するギミックが再現されています。

 

青水の機甲神アクアリウス

アクアリウス。

マーキュリアスと対になっており、ガンジェネシスの右脚となります。

 

マーキュリアス同様に胸部が展開するギミックが再現されています。

 

緑樹の機甲神ジュピタリアス

ジュピタリアス。ガンジェネシスの左腕になります。

原作では敵側に鹵獲され、操られていました。

特徴的な頭部の金の飾りはシールではなく、パーツ分けで再現されています。

特に特徴的なギミックはありませんが、腕部、脚部共に可動域が広めなので

そこそこポーズを付けることができます。

 

白晶の機甲神オルフェリス

オルフェリス。

ジュピタリアスと対になっており、ガンジェネシスの右腕となります。

特徴的な水晶感はクリアパーツで再現されています。

 

ジュピタリアス同様特に目立つギミックはありませんが、

構造がほぼ同じなのでそこそこの可動範囲を持っています。

 

黒地の機甲神ギガンティス

ギガンティス。ガンジェネシスの胴体部分となります。

合体時に中核を担うだけあって、色々詰まっており、

かなり動きます。

更に、かなり大型なので迫力がすごいですね。

 

各機甲神の合体形態への変形方法は?

Sponsored Link



それぞれかなり高いクオリティで復活を遂げていますが、

メインのギミックはやはりガンジェネシスへの合体でしょう。

 

ここでは各機甲神の変形方法を紹介します。

 

マーキュリアス&アクアリウス

脚部となるマーキュリアスとアクアリウスの変形方法はほぼ同じです。

アクアリウスを例にして解説します。

腰部は左右へのスイング機構が仕込まれていますが、

これによって合体時にガッシリとしたケレン味溢れるポーズにすることができます。

 

まずは背中の装甲を展開。

首を後ろへスライドさせます。

額飾りを上へ上げ、頭部を背中まで移動させます。

 

両腕を肩装甲へ収納します。

腕を動かし、画像の位置にします。

 

上下をひっくり返して変形完了です。

 

マーキュリアスも同様に変形させ、脚部の用意ができました。

 

旧元祖では頭部はまるまる余剰パーツとなるので、

このように全く余りが出ないのは嬉しい仕様です。

 

ジュピタリアス&オルフェリス

続いて腕部となるジュピタリアスとオルフェリスの変形です。

脚部同様に左右で変形方法は同じなので、ここではジュピタリアスを例にします。

 

まずは肩装甲に腕を収納します。

後頭部の装甲を外し、フェイスを隠すように付け直します。

 

脚部ユニットと胴体ユニットから外します。

 

肩装甲を下方向へ動かし、脚部ユニットを上下反転させます。

これで腕部の変形は完了です。

 

オルフェリスも同様に変形させ、腕部の準備が完了しました。

 

ギガンティス&エルガイヤー

続いてギガンティスを変形させます。

 

両肩の飾りを取り外しておきます。

両肩のパーツを上げ、胴体を展開します。

内部にはガンジェネシスの頭部に使用するパーツが収納されているので

取り出しておきます。

 

頭部ユニットの底のツマミを回すとギガンティスの瞳が隠れるようになっています。

このような状態になります。

背中へ折りたたみます。

旧キットでは余剰となり、妙なメカが出来上がるので(笑)、

これは嬉しいギミックですね。

ここで別売りの(笑)エルガイヤーを用意しましょう。

 

頭部シールが一部剥がれていますが、撮影終了後に気づきました。

どうかご了承いただけますと大変助かります。

 

まずは額飾りとウイングユニットを取り外しておきます。

肘の突起部分が後方へ向くようにし、腕そのものを後方へ移動させます。

 

足を揃え、ギガンティスの中へ収納します。

ギガンティス内部の突起にエルガイヤー背部の穴を接続することで

しっかりと固定することができます。

 

ギガンティス上方向からエルガイヤーを入れると

セットしやすいです。

 

旧元祖では両腕両脚を外す必要があったので、

そのまますっぽり入ってしまうこの仕様には驚きました。

 

このように収納されています。

 

ギガンティスの両腕を上へ展開。

拳部分を折りたたみます。

足裏のピンを展開させます。

背中にセットされていたパーツをヒザへセットします。

 

これで準備は概ね整いました。

さあ、いよいよ合体させましょう。

 

超機甲神ガンジェネシスへ。大きさはどれくらい?

ギガンティスの足裏のピンと、

アクアリウス、マーキュリアスの足裏の穴を接続。

これで立たせることができます。

 

ガンジェネシス専用の台座です。

台座ナシでも自立できますが、あるとないとではバランスがダンチなので

ディスプレイ時には使用することをオススメします。

 

両腕も接続。

いよいよそれらしくなってきましたね!

 

ギガンティス内部に収納されていたパーツを胸部に取り付けます。

そこへエルガイヤーのウイングユニットを取り付けます。

機甲神セットに付属していたパーツを更に取り付け、

エルガイヤーの額飾りを取り付けます。

 

ギガンティスの両肩に取り付けられていた飾りと

内部に収納されていたフェイス用パーツを組み合わせ、

ガンジェネシスの頭部を作ります。

 

エルガイヤーの額飾りを取り付ける部分にセットすることで

固定されます。

 

ガンジェネシスへの合体が完了しました!

カードダスのイラストよりも若干ずんぐりとしている印象ですが、

これはこれで力強く見えて、カッコいいですね!

 

各機甲神の武器を組み合わせ、ジェネシスブレードへ。

 

四半世紀の時を超え、超機甲神ガンジェネシスが大復活!

クオリティはもちろん爆上がりしてます!

 

中にはネオガンダムがチラリ(笑)

 

1/144スケールのガンプラと比較するとこれくらいの大きさです。

1/60スケールよりも高さはありませんが、横に大きいので

負けない迫力があります。

 

6体のキットが合体しているということもあり、重量感もあります。

 

FAガールとも比較してみました。

 

肩に座らせることもできます。

北斗の拳に出てきたフドウみたいですね(笑)

 

まとめ

また後程追記するかもしれませんが、当時楽しんでいた人は

間違いなく叫びたくなるくらいにテンション上がると思います。

 

SDガンダムももっと盛り上がって欲しいですよね~。

それこそ段ボール戦記みたいにビルドファイターズとは別路線で

展開してみても面白そうなのに…。

 

画像関係やテキストなど、後程調整します!

Sponsored Link



関連記事

元祖SD機甲神エルガイヤーのレビュー画像は?ガンジェネシスも期待しちゃう?



 - ガンダム, ガンプラ