ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

HGゲイレールのガンプラレビュー画像は?シンプルさがカッコいい旧型機の詳細は?

   

Pocket

Sponsored Link



アニメ放映に先んじて発表された数々のガンプラの中で

一目見て惚れてしまったのが「ゲイレール」でした。

 

第1期での「グレイズ」も相当なシンプルさでしたが、

更に削り落としたシルエットの貧弱さに魅力を感じました。

 

私にとっては待ちに待ったリリースです。

 

まさかなんだか感じの悪いヒゲのおじさんが乗るとは思ってなかったんですがね…(笑)

もっと渋い「武人!」といった感じの人が乗るのを期待してたんですが。

 

グレイズフレームを活用し、安定のプロポーションを実現!

img_1961

こちらが素組みしたものです。

 

全体的にほっそりしていますね。

組立説明書の解説によると、この姿は偽装されており

真の姿とはまた違うとのこと。

img_1962

廃棄機体や試作機からパーツを寄せ集めているらしく、

見た目ではゲイレールと判別できないくらいだそうです。

 

元の姿もすごく気になりますね!

 

構造がシンプルなため、多色成型に予算を割けたのか、

エイハブリアクターの黄色部分、カメラアイのクリアパーツなど、

色分けの再現が素晴らしいです。

 

あらゆる面でシンプル!装備もスッキリしています。

Sponsored Link



img_1963

単発式のモビルスーツ用ライフル。

 

サイドグリップによる照準の安定性と

ドラムマガジンによる相談数の潤沢さが特徴。

 

とありますが、めっちゃ普通(笑)

 

img_1965

シールドアックス。

 

グレイズのアックスに比べると大分小型で、

ザクのヒートホークに近いサイズ感ですね。

 

img_1964

展開するとシールドとなり、腕部に装備させることができます。

 

理に敵った便利武装ですね。

こういうの好きです。

 

img_1966

背部ホバーユニット。

 

こちらは構造もシンプルで2パーツ構成の超モナカ割り。

しかしディティールも細かく、フォルムの再現度も完璧です。

 

img_1967

このゲイレールは地球での地上戦用にカスタムされているので

ホバーユニットの有用性は高いですね。

 

更に深まるグレイズの系譜。ギャラルホルンMS史

img_1973

現在主力のグレイズの一世代前の汎用モビルスーツで、

「旧グレイズ」と呼んでもよいでしょう。

 

グレイズの設計思想は元々グリムゲルデに採用されていた

「ヴァリュキュリアフレーム」が元になっています。

 

エイハブリアクター2基を並列でつなぎ合わせる

ガンダムフレームは構造がかなり複雑なので、

量産機のプランには上がらなかったそうです。

 

エネルギー効率のよい「ヴァリュキュリアフレーム」を基に

「ゲイレールフレーム」が開発され、

 

更に「グレイズフレーム」へと昇華されました。

 

「グレイズ」は傑作機となり、次世代の主力開発に消極的になるほどでした。

 

しかし鉄華団の台頭による、「個」の性能の高さの

重要性が証明され、グレイズを更に強化した「レギンレイズ」が

開発されることとなったのです。

 

この系譜を追っていく感じがいいですよね~。

 

まとめ:やっぱりモビルスーツはシンプルが一番だよ!

img_1975

この貧弱でドシンプルな感じが既に特徴的であるという

なんとも私好みのキットでした。

 

グレイズフレームを流用し、パーツ数も少ないことから

「バルバトスルプス」と同じ定価1080円と安価。

 

これはもう複数買いしろということですね(笑)

 

外装も少ないので、グレイズ以上に可動も良好。

img_1976

期待していた通りのキットでした。

 

ガラン・モッサさんは好きになれそうにありませんが…(笑)

 

オプションセット6を使えばバリエーションの幅が広がるので

様々な状況下における「ゲイレール」の魅力を突き詰めていくのも良いかもしれません。

 

関連記事

イオフレーム獅電のガンプラレビュー画像は?非常に価値がある理由とは?

レギンレイズのガンプラレビュー画像は?グレイズから変わった点は?
Sponsored Link


 - ガンダム, ガンプラ, 鉄血のオルフェンズ , ,