ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

フルメカニクス ヴィダールのレビュー画像は?大型アイテムの強みはギミックの完全再現?

   

Pocket

Sponsored Link



HGシリーズでもガンダムヴィダールは発売されたばかりですが、

テレビ放映に合わせて1/100スケールでも早速リリースされました。

 

華麗に宇宙を駆け、圧倒的な戦闘力を見せてくれたガンダムヴィダール。

私同様に見惚れてしまった方もいるのでは?

 

鉄血のオルフェンズのガンプラとして

2016年最後のアイテムとなったフルメカニクス ヴィダールを

素組みしてみました。

 

ガンダムフレームの変更点は?バルバトス第4形態と比較

img_2946

1/100スケールはHG以上にフレーム構造の再現度が高くなっています。

 

最もスタンダードなガンダムフレームであるバルバトスと比較すると

このような感じ。

 

特殊なギミックが施された足はフレーム構造ではなくなり、

頭部はヴィダールの形状に合わせて新規のものになっています。

 

img_2947

カラーは薄めのグレー。

結構印象が変わるものですね。

 

蒼い流星とでも呼ぼうか?華麗なフォルムのヴィダール

Sponsored Link



img_2959

こちらが素組みです。

 

前腕部や、脚部のブースター、フロントスカートなど

色分けの再現が更に細かくなっています。

img_2960

こちらが後ろ姿。

 

サイドスカートとバックパックのスラスターが後方に伸びているので

サイズ感がありますね。

 

バックパックに備えられた3基目のリアクターは出力のためではなく

固有周波数をごまかすためらしいです。

「キマリス」とバレないように偽装工作がされているのでしょうかね。

 

img_2962

グレイズのものより大型のライフル。

射程範囲は近距離から遠距離まで問わず、

かなり汎用性の高いものとなっているようです。

 

img_2969

ヴィダールの主兵装であるバーストサーベル。

 

剣のように打つ、突くだけではなく、

切り離した刀身が爆発するという仕様。

 

img_2972

フロントスカートにマウントされた

二丁のハンドガン。

 

牽制に使ったり、二丁同時に使用することで

集中砲火もできます。

 

以上3種がヴィダールの主な武器ですが、

様々な戦局が考慮されて作られていることがわかりますね。

 

ギミックの再現度は完璧?動かして楽しいキット

img_2963

ヴィダールのバーストサーベルの刀身は

サイドスカートにスペアが収納されており、

その刀身交換シーンがかなり印象的でした。

 

img_2964

HGではオミットされていたスライドギミックが完全再現されており、

劇中通りの刀身交換シーンを再現することができます。

 

img_2965

img_2966

更にスラスターも可動するようになっています。

 

img_2970

こちらもHGではオミットされていたハンドガンの収納ギミック。

img_2974

フロントスカート裏側にマウントされており、

img_2971

劇中そのままのアクションを再現できます。

 

img_2977

脚部ハンターエッジ。

これはHGでも再現されていましたが、

フルメカニクスでももちろん再現されています。

 

img_2976

カカト落としで粉砕することが前提なので、

切断能力はないそうです。

 

34話で披露された機能は全て再現されていました。

大型アイテムの強みですね。

 

アクション性能は?バルバトスルプスとの比較画像は?

img_2975

フレーム構造が共通しているので、今までのキット同様

広い可動範囲を有していますが、

 

腰部の回転性能は低いので、ケレン味あるアクションという点では

HGシリーズの方が上かもしれません。

 

img_2968

手首が基部で可動するようになっており

ヴィダール独特の戦闘スタイルの再現に一役買っています。

img_2973

印象的だったハンドガン2丁攻撃。

もちろん再現可能ですよ。

 

img_2986

同シリーズのバルバトスルプスとの比較。

やはりカカトの分バルバトスの方が大きいですね(笑)

 

img_2984

劇中でまだこの2機は対峙していませんが、機会はあるのでしょうか。

ガエ・・・仮面の男は鉄華団とも因縁がありますからね。

特にバルバトスとは。

img_2985

ハシュマルとの戦いでボロボロになってしまったバルバトスが

修理だけでなく改修されていたら

この2機の対決はなくなりそうですね。

 

互いに圧倒的な力を持っているので

ガチにぶつかるのを楽しみにしていたのですが。

 

まとめ:フルメカニクスはワクワク感がたまらない

img_2982

以上フルメカニクス ガンダムヴィダールのレビューでした。

 

1/100スケールのサイズ感は手にしてみて初めてわかる

ワクワク感があります。

 

さらにHGでオミットされてしまっていたギミックが

余すことなく再現されていたことが嬉しい要素でした。

img_2983

まだ謎が数多く残された機体なので

ゆっくりと改修を加えながら真の力を発揮するんを楽しみに

待っていようと思います。

 
Sponsored Link


関連記事

ガンダムヴィダールのガンプラ素組み画像は?使用フレームにも正体のヒント?

HGハシュマルのガンプラ画像は?鉄血に登場するモビルアーマーの大きさとギミックは?

 - ガンダム, ガンプラ, 鉄血のオルフェンズ , ,