ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

フルメカニクス バルバトスルプスのレビュー画像は?弄る必要がないくらい高クオリティ?

   

Pocket

Sponsored Link



「鉄血のオルフェンズ」の第1期でも1/100スケールは展開されていました。

しかし、1/144のスケールアップという枠からは出ていないように思えました。

 

しかしグシオンとグシオンリベイクをコンパチにしたり、

大型アイテムならではのフレーム構造を活かしたギミックが好評でした。

 

第2期では「フルメカニクスモデル」として

デザイナーの方の協力を得て、ハイディティールを実現しました。

 

1/144スケールと明確な差別化が生まれ、

コレクションアイテムとしても魅力的なものとなりました。

 

最早弄る必要もなし?緻密なディティールが素晴らしい

img_2987

こちらが素組み。

スミ入れすらしていませんが、素晴らしい立ち姿です。

img_2988

大型アイテムならではの、余裕のあるパーツ構成で、

HG以上に色分けが細かく再現されています。

 

img_3003

俯瞰で上半身。

HGにはなかったディティールが足されています。

 

img_3004

他にも脚部や

img_3005

リアスカートなど正面から見えない部分まで細かいディティールが施されています。

 

付属の武器は?第1話、2話を完全再現できるアイテムが同梱

Sponsored Link



img_2997

まずはソードメイス。

三日月の戦闘スタイルに合わせた武器ということで

バッチリ似合っていますね。

 

img_2993

腕部200mm砲。

第1話終盤でバルバトスルプスが初登場した時、

シャトルから飛び出して最初に使った武器です。

 

これを地上に向けて撃つことで着地の衝撃を和らげていました。

 

img_2991

img_2992

このように回転させて展開する所はオプションセット5と同様ですが

img_2995

砲身が後方へスライドし、射撃時の衝撃を和らげるギミックを再現。

「フルメカニクス」の名を体現したギミックですね。

 

img_3001

バックパックの展開は差し替えで再現。

img_3002

「夜明けの地平線団」との戦いではこの機構を活かし

敵の虚を突く戦法を取っていました。

 

バルバトスから変わってないギミックなので、滑空砲なども装備できそうですね。

 

アクション性能もバツグン?ガンダムフレームは優秀だ

img_2998

大質量の武器をブン回しながら戦うバルバトスなので

1/100スケールでアクションすると大迫力です。

 

img_2999

このままスミ入れしてトップコートで仕上げても十分カッコ良くなりそうですが、

ここはこだわってシャープ化などを施してキレイに仕上げたいと思います。

 

HGとの比較画像は?甲乙つけがたいな(笑)

img_3007

HGとの比較。

HGはしっかりガッツリ仕上げてるので甲乙つけ難いクオリティです。

 

img_3008

1/100もしっかりと仕上げてから再度比較してみたいと思います。

 

まとめ:ガンプラの進化はとどまることを知らない!

img_3006

以上フルメカニクス バルバトスルプスのレビューでした。

 

単純にスケールアップしただけでなく、明確な差別化がなされた

「フルメカニクス」モデル。

 

マスターグレードと比べるとまだまだシンプルかもしれませんが、

少し弄るだけで遜色ないクオリティになりそうです。

 

もちろんそのまま弄らずに仕上げても

十分高いクオリティを楽しむことができるでしょう。

 

既に「フルメカニクス」は

バルバトスルプスとヴィダールがリリースされていますが、

2017年にはバエルのリリースも控えているようです。

 

今まで培われた技術を惜しみなく投じ、

飽くなき挑戦を続けるガンプラ。

 

まだまだ進化し続けるガンプラからは

やっぱり目が離せませんね。
Sponsored Link



関連記事

フルメカニクス ヴィダールのレビュー画像は?大型アイテムの強みはギミックの完全再現?

獅電改(流星号)のレビュー画像は?歴代流星号とのカスタマイズ相性がバツグン?

バルバトスルプスクリアカラーのレビュー画像は?クリアパーツが受ける理由とは?

 - ガンダム, ガンプラ, 鉄血のオルフェンズ ,