ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

シャア専用ザクⅠのレビュー画像は?赤い彗星の誕生を予感させる暁色のザク!

   

Pocket

Sponsored Link



シャア・セイラ編が完結し、

「ルウム編」に突入する「ジ・オリジン」。

 

益々盛り上がりを見せているオリジンから

注目の新アイテムがリリースされました。

 

ガンキャノン最初期型を圧倒的な戦力で蹂躙し、

ジオン脅威の技術力を見せつけた人類初のモビルスーツ戦。

 

その花形となったシャアの駆ったザクⅠをレビューしたいと思います。

 

赤というより暁?シャア専用ザクⅠ!

img_3009

こちらが素組み。

 

最早パイプのないザクⅡですわ(笑)

 

img_3010

こちらが後ろ姿。

本体自体はザクⅠとザクⅡのあいのこみたいな構成で、

ベルト給弾式マシンガンが新規造形となっています。

 

デニム機と比較。ザクⅠS型とは?

Sponsored Link



img_3011

デニムのザクⅠと比較。

 

シルエットはほぼほぼ一緒ですね。

肩の装備が違うくらいです。

 

細かく見ていくと、腕部や脚部、

img_3016

img_3017

胸部やランドセルなど、違いは多いです。

 

 

img_3012

ザクⅠは生産性を優先させた機体であったため、

出力、機動力の付属がすぐに浮き彫りとなりました。

 

そのため早急にザクⅡ開発が進められることになりますが、

このシャアの乗機となったMS-05SはザクⅠでありながら、

ザクⅡと共有しているパーツが先行的に使われているのです。

 

生産性に特化したザクⅠと、スペックではザクⅡに劣らないブグのデータがあって、

ザクⅡは名機として誕生するわけですが、

 

MS-05Sはその直前。

今まさにその皮を破り、進化を遂げる瞬間の機体だったのです。

 

用意された武器は?新規造形のマシンガンの出来は?

img_3013

新規造形で再現されたベルト給弾式マシンガン。

給弾ベルトがめちゃくちゃカッコいいですね。

 

あとはいつも通りのヒートホークが付属しています。

 

img_3015

アクション性能が飛びぬけているオリジンキットなので

ザクならではのこのようなポーズもラクラクです。

 

一時的な処置とはいえ、ザクⅡに限りなく近いこのザクⅠは

シャアの超人的な操縦と相まって、スペック以上の性能を見せました。

 

オリジンのお陰でジオンのキットが増えてホクホク気分(笑)

img_3020

ブグ、ザクⅠデニム機と共に。

まさに「ジオン!」と言った機体が多くリリースされることは

私にとっては大変喜ばしいことであります。

 

シンプルで力強く、一度見たら忘れない迫力もある。

そしてそれを駆る魅力的なパイロット達。

 

OVAというフィールドだからこそチャレンジできる映像技術もあって、

昔から大好きだったジオンのモビルスーツが

もっともっとどんどん好きになっていってます(笑)

 

更にキットにはテトロンシールによるマーキングシールも付属していますので

更なるディティールアップが簡単にできるようになっています。

 

まさに至れり尽くせり!

ホックホクです(笑)

 

表面処理をし、マーキングシール、トップコートで仕上げたいと思います。

 

まとめ:シャアはやっぱりカッコよくなくちゃね!

img_3018

以上シャア専用ザクⅠのレビューでした。

 

今後更にシャアのザクⅠには展開があるようなので

そちらも楽しみにしています。

 

再販のかかったRGキャスバル専用ガンダムも注文してしまいました。

 

シャアは優秀な人物でしたが、復讐に走ってしまったために

その後はいまいちキレがありませんでした。

 

ネオ・ジオン総帥となったシャアはカッコ良かったですけどね。

 

フル・フロンタルくらいの圧倒的な戦闘力は

劇中ではあまり見ることができませんでした。

 

オリジンではその辺りをきちんと補完してくれそうなので

かなり楽しみにしています。
Sponsored Link



関連記事

HGブグのガンプラレビュー画像は?ランバ・ラルがザクより好んだ名機とは?

2016ガンプラEXPOで発表された新作画像は?様々な世界から待望のキット化が続々?

RGシナンジュと拡張セットの組み合わせ画像は?破損頭部のウェザリングはどうやる?

 

 

 - ガンダム, ガンプラ , ,