ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

バルバトスルプスレクスのレビュー画像は?色分けや可動の再現度はどれくらい?

   

Pocket

Sponsored Link



モビルアーマーハシュマルとの戦いで大きく傷ついたバルバトスルプス。

 

テイワズの本拠地である歳星にて修理と改修を受け、新たな姿で帰ってきました!

 

その名もガンダムバルバトスルプスレクス!

劇中でオルガが「また…長ぇな」と言っていましたが(笑)

正直本当に長い名前ですね。

 

ストライクフリーダムガンダムくらい長いです。

 

ストーリーに合わせて発売されたHGシリーズの

バルバトスルプスレクスを組み立ててみました。

 

大型化した腕と新たな装備テイルブレードの再現度は?

IMG_3809

こちらが素組みしたものです。

 

脚部とそれほどサイズの変わらない、

大型化された腕部がやはり目を引きますね。

 

手首や足の爪などの黄色は色分けでは再現されていません。

足の爪はホイルシールが用意されています。

 

IMG_3810

背部にはこれまでになかったテイルブレードが装備されています。

これはハシュマルのブレードを移植したものみたいですね。

 

テイルブレードの刃部分はイエローですが、

こちらもホイルシールでの再現となっていました。

IMG_3817

手持ち武器は超大型メイスのみですが、

劇中でもまだこれしか使用していないので十分でしょう。

 

その名の通り、かなりのビッグサイズなので、迫力がすごいです。

 

ギミックはどれくらい再現されている?

Sponsored Link



IMG_3821

腕部の一部が開いて、サブアームが出てきます。

 

裏は肉抜きが目立ちますが、それほど気にならないと思います。

IMG_3822

サブアームはそのままでも相手の虚を突く武器として有効ですが、

メイスなどの武器を持たせることもできます。

 

IMG_3823

ツインメイスの他、初期のメイスも取り付けることが出来ました。

 

IMG_3813

テイルブレードのアクションはリード線で再現。

IMG_3814

少し太めのリード線になっているので、ヘタりも少なく、

大胆なアクションが可能となっています。

 

IMG_3818

超大型メイスの柄は伸縮が可能となっています。

IMG_3819

ジョイントパーツを挟むことでリアスカートに

マウントすることもできます。

 

それにしてもすごい大きさですね。

IMG_3815

獣的な動きを再現できるように、かなり広い可動範囲を持っています。

 

IMG_3829

ハシュマルとテイルブレードの見せ合いっこ。

ルプスレクスに装備されているものよりも小型化されています。

 

ハシュマルのブレードをルプスレクスに装着させてみるのも面白そうですね。

 

バルバトスルプスとの比較は?変更点はどこ?

IMG_3824

ひとつ前の形態であるバルバトスルプスとの比較。

 

脚部は爪以外はそれほど変更されていないようです。

 

ルプスも腕が長くなっていましたが、ルプスレクスは更に大きくなっていますね。

 

IMG_3825

腕部が大きくなっている反面、肩装甲は小型化。

可動に干渉する部分は小さくなっているようです。

 

ヘッドパーツの色分けはルプス同様細かくなっています。

 

どんなアクションポーズがカッコいい?広い可動を活かした大胆アクション!

IMG_3816

黄金のジャスレイ号のブリッジを叩き潰した超大型メイスを振り下ろすポーズも

迫力満点に再現が可能です。

 

IMG_3833

大型化した指はそのものが相手の装甲を貫く武器となっています。

 

IMG_3828

パッケージ絵もほぼ完全に再現することが可能です。

 

ルプスよりも近接戦闘型になっていますが、

例え多対一であったとしてもミカとルプスレクスにとっては

それほど変わらなさそうですね。

 

IMG_3830

バエルの格納庫にてヴィダールと対峙。

アインのシステムを開放したヴィダールには

ルプスレクスとミカであっても「結構やばい」と言わしめるほどです。

 

IMG_3837

人型とは言っても、今回の改修で大分獣に近いシルエットになりました。

 

IMG_3831

両腕部のカバーの下には200mm砲が備え付けられています。

キットでは再現されていませんでしたが、フルメカニクスで

再現されていることを願います。

 

まとめ:バルバトス史上最もカッコよく、禍々しい

IMG_3834

以上がバルバトスルプスレクスの素組みレビューでした。

 

色分け、可動、フォルムすべてが高水準でまとめられており、

更にプラモデルとして弄る余地を残しているという、非常に優秀なキットでした。

 

IMG_3837

物語の盛り上がりも最高潮を迎えている鉄血のオルフェンズですが、

鉄華団の存在感は少し薄まりましたかね?

 

チョコやらマッキーが大活躍してしまっているので、

見せ場になかなか顔を出せないようですね(笑)

 

IMG_3836

シンプルなキットですが、多彩な武器やオプションで

グリグリ動かしても楽しいキットです。

 

主人公機ということもあり、単純にカッコ良くもあります。

 

ルプスを結構しっかり仕上げているので、

ルプスレクスは更に前へ進んだ改修を施していこうと考えています。

 

獅電と辟邪を仕上げたら、ルプスレクスに着手しようと思います。

 

関連記事

ラフタの愛機、百里の作例レビュー画像は?特徴的なバックパックに武器全部乗せ出来る?

漏影のガンプラレビュー画像は?百錬やその他テイワズ製MSとの違いは?

辟邪のガンプラレビュー画像は?ラフタが乗り込むテイワズの最新鋭機の性能は?
Sponsored Link


 - ガンダム, ガンプラ, 鉄血のオルフェンズ