ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

ガンダムアスタロトクリアカラーの画像は?通常版との違いって?

   

Pocket

Sponsored Link



2016ガンプラEXPO限定アイテムとして

販売された「ガンダムアスタロト」のクリアカラーVer.。

 

人気の機体とあって、最終的には売り切れてしまったようです。

 

通常版のアスタロトのカラーバリエーションに加え、

オプションセット3に付属していた武器が同梱された

スペシャルバージョン。

 

特に弄らず、そのまま組み立ててみました。

 

フレームが透けてメカ感がアップ?

img_2380

素組みしたものがこちら。

 

ホイルシールも遠慮なく使っていますが、

個人的に微妙と思った場所には貼っていません。

 

img_2381

後ろ姿。

 

グレーのパーツは元のキットと変わりませんが、

オプションセットはクリアー成型となっています。

img_2383

白いパーツは乳白色なので、スッケスケにはなっていませんが、

うっすらとフレームパーツが透けて見えるようになっています。

 

フレーム構造が売りの鉄血シリーズなので、

クリアカラーはいいかもしれませんね。

 

是非1/100スケールの物も販売してほしいです。

 

元キットとの比較。色だけで大分印象が変わる?

Sponsored Link



img_2387

市販されている通常版との比較。

 

汚しをガッツリ入れ、各部をシャープ化しているものと、

そのまま組み立てて、カラーが特殊なもの。

 

ベースは全く同じキットですが、大分印象が違います。

img_2391

下手に手を加えて台無しにするのも何なので、

クリアカラーはブレードアンテナと、サブアーム部のシールドのみ

フラッグをカットしています。

 

img_2388

フェイス部は赤のパーツの上にマスクを被せているので、

うっすら赤が透けて見えます。

 

これは通常版では出せない効果ですね。

結構気に入っています。

 

img_2390

どちらが強そうかと聞かれれば改修した通常版の方ですが(笑)

 

もしもビルドファイターズに出るようなことがあれば

プラフスキー粒子をたくさん貯蔵できそうですね。

 

アクション性は?優秀なガンダムフレームなのでポージングはバッチリ!

img_2384

グシオンチョッパーを振りかぶって。

 

元が優秀なキットですので、そこは変わらずアクション性はバッチリです。

img_2385

デモリッションナイフを構えた姿も凛々しいですね。

 

通常版のマットで締まった感じもいいのですが、

こちらはこちらでアリですね。

 

まとめ:記念品と捉えれば手を加えなくても楽しい

img_2389

以上がガンダムアスタロトのクリアカラーのレビューです。

 

クリアカラーで着色するとまた印象が変わりそうですが、

特に弄らずそのまま素組み、というのは珍しいので

それも含めて楽しめるキットでした。

 

武装の幅がより広くなっているので、ディスプレイ時にも映えそうですね。

 

今までクリアカラーには手を出してきませんでしたが、

祭りに行った記念品と思えば愛着も出てきます。

 

これで味をしめたので(笑)、次にイベントに行った際には

2個買いして弄ってみるのもいいかもしれません。

 

ちょっと自分の中で可能性が広がったキットになりました。

 
Sponsored Link



 

 - ガンダム, ガンプラ, 鉄血のオルフェンズ ,