ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

すーぱーふみなのお手軽加工法は?ヤスリとスミ入れだけでできる?

   

Pocket

Sponsored Link



「ビルドファイターズトライ」でカラーバリエーションが登場し、

即プレミアムバンダイでの販売が決定した「すーぱーふみな」。

 

この間は頭部を中心に加工法を施しましたが、

10月に再販もあるとのことで、他の箇所の加工も紹介していこうと思います。

 

 

ヤスリでエッジを出す

IMG_0797

前回はなかった武器を制作し、取り付けてみました。

バランスが格段に良くなりましたね。

 

今回は首からスカートにかけて加工を施しています。

IMG_0799

IMG_0800

スカート部はエッジを棒ヤスリと紙ヤスリを使いシャープ化しています。

 

恐らくは装甲という体なのでしょうが、見た目はプリーツスカートです。

スカートといえばひらひらしているもの。

よりヒラヒラ感を出すためにシャープ化は必須だと思います!(笑)

 

モールドには流し込みスミ入れペンのオレンジでスミ入れした後、

スミ入れペンSHARPでなぞっています。

関連:流し込みスミ入れペンセットの使い方は?各色の使用例も紹介!

 

裏側はリアルタッチブラウンで陰影を出しました。

 

美少女フィギュアを買ったことはあれど、作ったことはないので

ちょっと悩みましたが、アニメ風に色をつけていこうと思います。

軟質素材の処理と、胸部の加工

Sponsored Link



IMG_0801

続いてはエプロン部分です。

 

この部品はヘッドドレス同様に軟質素材になっており、

ちょっとばかりデリケートです。

 

しかしサイドにはパーティングラインが入ってしまっていたので、

800番の紙ヤスリで優しく削りました。

円を描くイメージで磨くとキレイに仕上がります。

 

IMG_0802

エプロンのスミ入れにはリアルタッチグレー1を使っています。

ちょっと青みがかったグレーですね。

 

女の子の洋服なので、ガッツリグレーよりも、優しめの色の方が雰囲気が出ます。

 

胸部は基本的に紙ヤスリで表面処理を行っているだけです。

400→600→800→1000番と細かくしていきました。

 

脇や胸の下部など常に影になる部分には

リアルタッチオレンジで陰を入れ、豊満な胸部がより強調されるようにしています(笑)

 

仕上がりまでもう少し

IMG_0803

まだ半分くらいですが、胴体の存在感が協調された事で全体的に締まってきた印象です。

IMG_0804

首はある程度可動範囲はありますが、

画像のように飛行ポーズで上を向かせたい時は

ポニーテールを左右どちらかにどかしておくと良いです。

 

IMG_0805

今回と同様の加工を腕部、脚部にも施していきます。

武器は表面処理とスミ入れだけにしようかと思っています。

 

盾のクリアーパーツに関してはちょっと考えていることがあるので、

次回完成した姿と共にお披露目したいと思います。

 

ティターンズメイドVer.も楽しみですね!

 

関連記事

すーぱーふみな作例!本物の化粧品でフェイス部を塗装!その結果は…?

ガーベラテトラ(キララ専用機)素組みレビュー!あの名シーンを再現できる驚きの秘密とは?

C3 TOKYO 2016で出展された新作ガンプラは?明かされたフィギュアライズフミナの秘密とは?
Sponsored Link


 - ガンダム, ガンプラ , ,