ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

メガミデバイスSOLフルアーマーモードのレビュー画像は?ゲームとコラボで激熱コンテンツに?

   

Pocket

メガミデバイスSOLフルアーマーモードのレビュー画像は?ゲームとコラボで激熱コンテンツに?

 

フレームアームズガールに続く、コトブキヤの

美少女×メカシリーズ、メガミデバイス。

 

第1、2弾であるWISMはなかなか高い評価を得ていたようでした。

次なる一手として発表されたのがSOL。

 

こちらは異なる2種のキットを組み合わせることで

フルアーマーモードを再現できるというプレイバリューに溢れた企画でした。

 

SOLロードランナーが発売となり、ついに手元で

フルアーマーモードを体験できるようになったので、

早速遊んでみました。
Sponsored Link


ホーネットとロードランナーはどのようなキット?

ホーネットは白い肌が美しいお団子少女

先に発売されていたSOLホーネット。

WISMは島田フミカネ氏がキャラクターのデザインを担当していましたが、

今回は黒星紅白氏のデザイン。

メカニックは柳瀬敬之氏が手掛けています。

 

素体は前作までと同様”マシニーカ”を使用。

WISMシリーズとも互換性があります。

 

ロードランナーは浅黒いワイルド少女

そして先日発売となったSOLロードランナーがこちら。

 

こちらもホーネット同様に黒星紅白氏×柳瀬敬之氏のタッグが

デザインを担当しています。

 

ホーネットとは逆に脚部の強化アーマーが目を引きますね。

脚部後方のタイヤ?は展開が可能となっています。

 

”マシニーカ”の可動範囲はFAガールとはまた一味違ったアクションを可能とします。

このように思い切り蹴り上げたポーズも自然に取ることができます。

 

ホーネットとロードランナーの武装を組み合わせると?

Sponsored Link



この2体の武装を組み合わせることにより…

 

フルアーマーモードへと変貌を遂げます。

 

今回素体はホーネットを使用していますが、

もちろんロードランナーでの再現も可能となっています。

 

武装を組み合わせてしまっているので、

このように素体がまるまる一つ余るわけですが(笑)

 

こちらはこちらで、M.S.Gなどで広げていくのも面白いかもしれません。

 

それぞれの装備でディスプレイしてもとても良いのです。

このようなギミックはFAガールにはまだなかったので、

新鮮で熱い感覚でした。

 

ホーネットのバックパックの改修方法は?接着剤が必要?

プラモデルの基本を抑えておけばとてもカッコ良く仕上がる?

まだ作業途中ではありますが、ホーネットの工作を進めています。

 

素組みではこのように、ヒケが目立ったり、テカりが気になったりします。

 

表面処理とスミ入れの威力とは!

こちらは紙ヤスリで表面を磨き、スミ入れを施したものです。

 

一気にギュギュっと印象が締まったのではないでしょうか。

 

ちなみに、中央のパーツに両翼を取り付ける時と

両翼のパーツにサブウイングを取り付ける時は接着剤が必要となります。

 

ナシでも一応保持できますが、ポロポロ落ちるので、

接着してしまうのをオススメします。

 

スミ入れにはガンダムマーカーのスミ入れペン黒、

部分塗装には4アーティストマーカーを使い、お手軽作業にしています。

 

水転写デカールで更に美しく!

更に付属の水転写デカールで翼を装飾するとこのような感じに。

 

素組みと比べていただければわかると思いますが、

見栄えが段違いです。

 

両翼のデカールは少し大きめなので、慎重な作業となりますが、

中央辺りで分割してしまうなどしてしまえば、

ある程度作業をカンタンにすることができます。

 

水分が乾くまではある程度位置を直せるので

慌てず作業をするのがコツです。

 

マークソフターは、とても破れやすくなるので、

気泡が入った時くらいに使うと良いと思います。

アリス・ギア・アイギスとコラボ?参加メンバーがすごすぎる?

【情報元】コロプラ内アリス・ギア・アイギス公式サイト

 

そしてつい先日、メガミデバイスに新たな動きが!

 

「白猫プロジェクト」「バトルガールハイスクール」などでお馴染みの

コロプラが提供する新ゲーム「アリス・ギア・アイギス」との

コラボレーションが決定いたしました!

 

画像を見てもらえれば分かると思いますが、

キャラクターデザインは島田フミカネ氏!

 

メカニックデザインはフレームアームズ及びFAガールや、今回のSOLシリーズで

バツグンにカッコいいメカデザインを見せてくれた我らが柳瀬敬之氏。

 

更にガンダム00で新たなガンダムの領域を確立した

海老川兼武氏の参加が決まっています。

 

なんなんだ、この豪華すぎる布陣は…(笑)

 

私は割と精力的にバトルガールハイスクールをプレイしているので、

ゲーム性に関してはあまり心配していません。

 

装備を組み合わせて強化できるようなゲームになるといいナ…。

 

こちらはキービジュアルとタイトルのみが発表されているだけなので、

今後の続報を待ちましょう!

 

まとめ

今回はメガミデバイスについてちょこっと熱めにお話ししてみました。

 

メガミデバイスシリーズももう4作を数え、ブランドとして定着してきた感はありますね。

更に今回のようなギミックを今後も備えてくれるとFAガールとの差別化もキッチリと出来そうです。

 

ホーネットとロードランナーに関しては、

水転写デカールなどで仕上げた後に、改めてレビューしたいと思っています。

 

WISMシリーズのアサルト/スカウトも時間があれば…(笑)

 

美少女×メカはかなり鉄板なジャンルとなってきたので、

今度も要チェックですね!

メガミデバイス SOLホーネット 1/1 プラモデル[コトブキヤ]【送料無料】《発売済・在庫品》

価格:3,700円
(2017/7/31 02:02時点)
感想(0件)

メガミデバイス SOLロードランナー 1/1 プラモデル[コトブキヤ]《発売済・在庫品》

価格:4,130円
(2017/7/31 02:03時点)
感想(0件)

Sponsored Link



関連記事

フレズヴェルク=アーテルの作例画像は?ひと手間加えてカッコ可愛くしよう!

FAガールのカスタマイズ例の画像は?カッコ良い、可愛い自由に楽しもう

メガミデバイス:スナイプ/グラップルのレビュー画像は?変態可動と拡張性がすごい?


 - プラモデル , , ,