ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

ガンプラでのピンセットや爪楊枝と綿棒の使い方は?どんな処理で活用する?

      2016/08/07

Pocket

Sponsored Link



ゲート処理」を習得し、組立も大分はかどってきたのではないでしょうか。

 

関連:デザインナイフを使ったガンプラパーツのゲート処理方法

関連:ガンプラの基礎 ニッパーを使った「二度切り」の方法

 

説明書通りに組み立てるだけでもカッコ良く仕上がるガンプラですので

ひとつひとつパーツが組みあがっていくと喜びや興奮を覚える瞬間もあると思います。

 

しかし精密なディティールを再現するためには、細かいパーツをハメ込んだり組み込んだりすることもあります。

そこで今回は、最初に紹介した「三種の神器」の最後のひとつである「ピンセット」の活用法をご紹介していきます。

 

 

ピンセットで細かいパーツを組み立てる

ガンプラの魅力の一つとして、細かい色分けの再現があげられます。

「REVIVEガンダム」はパーツの分割による色分けが素晴らしく、本当に組み上げるだけで設定どおりの色分けを実現しています。

 

しかしその対価として、細かいパーツが存在しているのも事実です。

個人差があるとは思いますが、大きな手の方は小さなパーツをつまみにくかったりするかもしれません。

 

そこで活躍するのがピンセットです。

IMG_5641

プラモツールとしてはもちろん、日常生活で使うという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ニッパーやデザインナイフよりも一般的に存在が知られていますね。

 

プラモデル用として発売されているピンセットは先っぽが細く、精密な動作に対応できるようになっています。

 

IMG_0041

腕と肘の関節に採用されているこのパーツ分割はアイデアとしては素晴らしく、初めて作った時は思わず感心してしまいました。

 

しかし丸いパーツはかなり小さいパーツになっており、ゲート処理には気を使います。

ポロっと手から逃げたら見失ってしまったりすることもあるかもしれません。

 

ピンセットは「てこの原理」を活用していますから、小さな力でしっかりとパーツを掴むことができます。

金属製なので、滑ることもありますから注意はしてくださいね(笑)

 

ポリキャップをはめ込む場所が深かったりする場合にもピンセットは大いに活躍してくれるので

ひとつ用意しておくだけで大変心強いです。

 

シールを貼る時は必ずピンセットを使いましょう!

Sponsored Link


「REVIVEガンダム」はなるべくシールを使わない方針で作る予定ですので、ここで役者をバトンタッチ。

 

ついこの間発売されたばかりの新食玩「ユニバーサルユニット」から「ガンダムNT-1アレックス」に登場してもらいましょう。

IMG_0042

シールはパーツに接する部分が粘着式になっており、指などで触れると粘着力が弱くなってしまいます。

そこでシールを貼る時は必ずピンセットを使うよう心がけましょう。

 

IMG_0045

台紙からはがす所からピンセットを使います。

粘着力がなくなってしまったシールは紙くず同然になってしまうので気を付けましょう。

 

秘密兵器は爪楊枝と綿棒?

シールは上に置くだけでは貼りついてくれません。

はがれないようにしっかりと上からこすりつける必要が出てきます。

 

ここでピンセットでこすってしまうとシールの塗膜が剥がれてしまい、なんともみっともなくなってしまいます。

 

ここで家庭に必ずといっていいほど常備されているあるアイテムの力を借りることにしましょう。

IMG_0044

爪楊枝さん!

IMG_0047

綿棒さんの登場です!

 

パチパチパチ…!

 

IMG_0043

パーツの角や、ラインに合わせて爪楊枝で押さえるとしっかりと貼りついてくれます。

木製ということで金属製のピンセットよりもかなり柔らかく、シールに傷をつけません。

 

IMG_0046

綿棒は爪楊枝よりも更に優しいアイテムなので、最後の仕上げにもってこいです。

円を描くようにシールを上からこすればしっかりと定着してくれます。

 

爪楊枝、綿棒共に言えることですが、力を入れすぎないのがコツです。

IMG_0048

カッコ良く色分けを再現できましたね!

 

ピンセットとシール貼りまとめ

今回は「些細なことだけどとっても大事!」という作業をピックアップしました。

 

まとめると

  • ピンセットを持っておくと心強い!
  • シールを貼る時は必ずピンセットで!
  • 爪楊枝と綿棒で優しくシールを定着させる

 

と言ったところですね。

 

ピンセットは優しく使えば消耗しないアイテムなので、きちんとしたものを用意しておくと非常に便利です。

細かい塗装などに自信がない人にとって、シールは大事な味方になりますので使い慣れておきましょう。

 

ガンプラの基礎も大分固まってきましたので、次回はちょっとした失敗例のリカバリー方法を紹介します。

 

関連記事

REVIVEギャン 劇中イメージでお手軽加工してみた

【2分で作る!ガンダム名鑑ガム】ラインナップが面白い!ホビージャパン付録で体感してみた

【ガンプラ】FAユニコーン、3日目。作り慣れてるし、見たい所から作ってくわ【HGUC199】
Sponsored Link


 - ガンダム, ガンプラ