ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

【ガンプラ】グシオンリベイクを作るその2、今回は武器から作り始めた【鉄血のオルフェンズ】

   

Pocket


-スポンサードリンク-


四本腕なもんで

グシオンリベイクは背部のパーツに隠し腕を持つ特異なモビルスーツとしてデザインされています。

キットに付属している武器はロングレンジライフルのみですが、オプションパーツと組み合わせることで、様々なスタイルで楽しむことができるキットとなっています。

IMG_3763

こちらは素組みですが、プランとしてはこのような感じにする予定でいます。

滑空砲2門、ハルバード、グシオンチョッパーに加え、付属武器のロングレンジライフルも使いたいので、武器の量が多いです。

そのため、今回は武器から作り始めることとしました。

 

モデルは昭弘の元愛機グレイズ改です

グシオンリベイクのパイロットは宇宙鼠と呼ばれ虐げられる人々の中でも「ヒューマンデブリ」と言われる更に下層に位置する人々の一人として描かれています。

「鉄屑よりも安い命」と言われ、上司の命令には絶対服従、反抗すれば命の保証はないという環境で暮らしてきた為、初期には影のあるキャラクターとして描かれました。

しかしブルワーズとの戦闘の際、偶然敵側に弟が所属し、悲劇的な邂逅の後、弟を失ってしまいます。

それからの昭弘は生きることに前向きになり、鉄華団のパイロットの一人として、仲間を守る為に戦い続けます。

IMG_3863

グシオンリベイクに乗り換える前は、火星で鹵獲した2体のグレイズを掛け合わせた「グレイズ改」を愛機としていました。

こちらは爪先と頭部のトサカをシャープ化し、成型色ベースでウェザリングを施したものです。

IMG_3865

資材の少ない中戦い続けているということで、メイン装備のひとつであるアックスは刃こぼれを表現し、血痕を付けてみるなどのダメージ表現をしてみました。

 

オプションセット1と3を使っています

今回はグシオンリベイク、ガンダムグシオン、マンロディに対応したオプションセット3をメインに、オプション1に付属している滑空砲を武装として加工していきます。

IMG_3861

こちらはハルバードの柄を外した状態の物です。左側が加工したものですね。

ちょっとデザインと異なるかもしれませんが、個人的な好みで、小さな方の刃は尖らせてみました。

IMG_3862

少々分かりにくいかもしれませんが、メインの刃も削りこんでいます。

IMG_3872

グシオンチョッパーにも同様の加工を施し、ウェザリング処理を施しました。最終回が近づきかなりの激闘となっているので、血糊を多めに付けてしまいました(笑)

IMG_3870

グレイズ改にハルバードを装備。鉄華団のモビルスーツはギャラルホルンに比べて派手に汚したくなりますね。

IMG_3871


-スポンサードリンク-



こちらはグシオンチョッパーを装備したもの。思いっきり鉈ですね(笑)

IMG_3873

鉈と斧を同時に装備。怖いです。悪い子を探していそうで怖いですwww

IMG_3868

こちらはロングレンジライフルと、グレイズのライフルとの比較です。

ロングレンジライフルはいわゆる最中(もなか)成型と呼ばれる造りになっていて、マガジンの取り外しなどはできません。

長距離射撃に対応したスコープも追加になっているなど、結構デザインが変わっているので、グレイズのライフルを改造してロングレンジにするのは手間がかかりそうです。

キレイにゲート処理をすれば見栄えはよくなるので、丁寧に処理をしておきたいところです。

 

IMG_3875

可動こそしませんが、グレイズ改の可動が非常に優秀なので、このようなスナイプポーズも楽々取れます。

ジムもザクもスナイパー仕様がかなり人気ですし、このポーズはガンダムファンにとっても印象の深い物なのでしょう。

 

滑空砲は部分塗装をするので先送り

グシオンは滑空砲を2門同時に装備したり、バルバトスも好んで使っていることから、オプション兵装の中でもかなり印象の強い滑空砲。

IMG_3859

一応表面処理は始めているものの、白い部分がシールでの再現となっているため、そこだけ部分塗装をしようと思っています。

合わせ目の段差を紙ヤスリで均し、先端の照準用のパーツだけ削りこみました。

IMG_3860

手前側が削りこんだものです。

ちょっと丸くなってるのが気に食わなかったので(笑)なるべくカクカクするようにしてみました。

 

次回からは本体を加工していきます

今回は武器メインということで、グシオンリベイクは待機してもらいましたが、次回からは本体に手を入れていこうと思います。

いくつか「こうしたい」というプランはありますが、作りながら詰めていこうと思っています。

IMG_3877

鉄血のオルフェンズシリーズでもかなりお気に入りのグレイズ改を披露する場がなかなかなかったので、今回活躍してくれてよかったです。

今は流星号として生まれ変わりシノの愛機となっていますが、この現地改修感は非常にカッコいいと思ったポイントでした。

見せ場もたくさんあったしなぁ。

流星号はかなりピンチみたいですが、大丈夫でしょうか…。

来週はいよいよ最終回ということで、かなりドキドキしています。

 

関連記事

【ガンプラ】グシオンリベイクを作るその1、素組みとオプションセットの組み合わせ【鉄血のオルフェンズ】

【ガンプラ】流星号+クタン参型でオルフェンズシリーズを最大限楽しむ

【ガンプラ】グリムゲルデ完成!サイズを感じさせない重厚感!【鉄血のオルフェンズ】


-スポンサードリンク-


 - アニメ, ガンダム, ガンプラ