ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

【ガンプラ】グリムゲルデを作るその3、加工を終え仕上げへと【鉄血のオルフェンズ】

   

Pocket


-スポンサードリンク-


意外とやっかいだったフレーム

前回装甲は大体加工を終えたのですが、フレーム部はほとんど手付かずでした。

IMG_3545

パーティングラインとゲートの嵐です(笑)

ほぼポリキャップレス構造で、唯一使われているのは足の付け根部分だけです。

外装パーツよりも若干柔らか目で、抵抗の少ない素材になっており、ヤスリで削るのはちょっと面倒です。

IMG_3605

なんとか削ってやりました(笑)

パーツがかなり白くなりますが、この後の工程でさほど目立たなくなります。

パーティングラインはともかく、ゲートは丁寧に削ってやらないと非常にカッコ悪いので、頑張って打倒しましょう。

IMG_3600

エイハブリアクターに直結しているスラスター部も削りこみました。

ちょっと勘違いしてしまって、設定と違う形にしてしまいました(笑)

リベンジの機会があれば設定どおりの形にしたいとは思っています。

 


-スポンサードリンク-


削り加工は終了、ここまでで大体半分くらい?

IMG_3598

ブレードのこの色分けは非常に嬉しいものでした。手前が削りこんで加工したものになります。

先端は丸くなり、厚みもあるので、小さくなり過ぎないよう形状を確認しながらシャープ加工を行いました。

IMG_3601

シャープ加工を終えたものを組み立ててみました。大分スッキリとした印象になったのではないでしょうか。

シールド部の先の爪状になっている部分も細く削りこんでいます。

IMG_3447

こちらが素組み。プラモデル特有のテカテカ感がなくなり、むくみも取れたと思います。

 

表面処理を行っていく

いよいよパーツの加工も終盤、ここから非常に地味な作業になっていきます(笑)

ここまでは棒ヤスリと400番の紙ヤスリのみを使い加工していきました。

しかしそれでは表面がかなりザラザラなので、スケール感が出ません。

そこでどんどん紙ヤスリの目を細かくしていき、スベスベにしていきます。

IMG_3603

奥が400番のあと600番の紙ヤスリをかけたもの。

手前が更に1000番までかけたものです。わかりにくいとは思いますが、若干表面がスベスベになってきていると思います。

ここまででいったんスミ入れを行いました。

IMG_3607

スミ入れは今回基本的なガンダムカラースミ入れペンのブラウンを使っています。

ふき取りタイプではないものの、ちょっと線が太いのでハミ出てしまいます。その部分を1500番の紙ヤスリで磨き、ハミ出た部分を削りつつ、装甲がなめらかになるようにしていきました。

IMG_3515

こちらは400番までのもの。上と比べると大分表面が粗いのがわかると思います。

 

この作業を全てのパーツに施していきます。かなり地味で時間のかかる作業ですが、それが終われば楽しいウェザリングタイムなので頑張りましょう!

 

IMG_3606

ロールアウトを待つグリムゲルデのようですね。非常にカッコ良くなってきました。

ここまで来ればあと少しです。

次は表面処理を終え、ウェザリングに入れるよう頑張ります。

それではありがとうございました!

 

関連記事

【ガンプラ】グリムゲルデを作るその2、フレームとメリハリ【鉄血のオルフェンズ】

【ガンプラ】グリムゲルデを作るその1、フォルムにこだわる【鉄血のオルフェンズ】

【ガンプラ】想像力は無限大。公式もやってくれるぜ【カスタマイズ講座】


-スポンサードリンク-


 

 - アニメ, ガンダム, ガンプラ