ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

【ガンプラ】キマリストルーパーその3、右半身の加工を進め左側と比較してみる【鉄血のオルフェンズ】

   

Pocket


-スポンサードリンク-





ガエリオのイメージカラーで染めていく

右半身の加工を終えました。左腕部、脚部、フロント、サイドスカートが全く手つかずの状態です。

今回新たに加工した脚部はこのようになりました。

地上用に換装した機体とのことなので、足元は泥や砂が付着しているイメージでウェザリングを施しています。

 

脚部をトルーパーモードに変形。

トルーパーモードで露わになる部分にもきちんとウェザリングを施しました。

 

脚下部のバーニア部と足首周り。

基本的にフチは大分削っています。この作業を施すことで脚部バーニアの露出が増えます。

トルーパーモード時に蹄鉄のようになる足首周りのガードパーツもフチを削ることでリアル感を演出してみました。

こちらが加工していない左脚。

ハッキリと差が出ているのが分かると思います。

 

かなり大きめのリアスカートにもスミ入れとウェザリング処理を。

シールで再現されている部分については、後程スプレー塗装します。

本体はグレーがかったホワイトとなっていますが、ガエリオのイメージカラーであるブルーが基調となるように、リアルタッチブルーと、流し込みスミ入れペンのブルーを使い、表面を青みがかった白になるようにしています。

 

尻尾になる部分は大分丸くなっていたので、トッキンと尖らせました。

この部分も地味ですが、かなり大きな効果を期待できる処理だと思います。

 


-スポンサードリンク-





足裏の比較。肉抜き穴は埋めていませんが、汚しを入れることでリアル感の演出は出来ると思います。

 

キマリスソードも加工しました。ここまでの形状の確認も含めて全体像を撮っています。

 

加工した右側が目立つように逆の角度からも1枚。各部をシャープ化するのはやはり効果が大きいですね。

段々イメージしたキマリストルーパーに近づいてきているような気がします。

 

ガエリオの活躍で相当人気が出たキマリストルーパー。

私の地元では品切れ中で、全然再入荷する気配もありません。

 

デストロイヤーランスはどうやら最後に作業することになりそうです。

次回は完成した姿をお見せできるよう頑張りたいと思います。

 

関連記事

【ガンプラ】キマリストルーパーその2、キマリスと同じイメージをリアルタッチマーカーで再現してみる【鉄血のオルフェンズ】

【ガンプラ】キマリストルーパーを作るその1、素組みレビューとお遊びカスタマイズ【鉄血のオルフェンズ】

【ガンプラ】ザクⅠ(サンダーボルト版)素組みレビュー!機体もカラーも渋いねぇ…。【機動戦士ガンダム サンダーボルト】

 


-スポンサードリンク-





 

 

 - ガンダム, ガンプラ, 鉄血のオルフェンズ