ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

バルバトスルプスの改修例画像は?ガンプラ素材をシャープ化で活かす方法とは?

      2016/10/15

Pocket

Sponsored Link



「鉄血のオルフェンズ」第2期の主人公機「バルバトスルプス」

 

第1話では終盤に少ししか出なかったにも関わらず

鮮烈な印象を残してくれました。

 

そのキットの出来栄えは、

過去最高と言っても過言ではないでしょう。

 

そのまま作っても満足できちゃうキットですが、

ちょっと手を加えると

「こんな化け物が眠っていたのか!」

驚くほどカッコ良くなります。

 

少し根気はいるかもしれませんが、

何か参考になればと、いつもより細かく改修しています。

 

ガンダムは顔が命?フェイス部のシャープ化画像は?

img_1279

RGレベルと私が評価した、

複雑なデザインを見事に1/144サイズで再現した頭部。

 

まずは一番目立つブレードアンテナからシャープ化してみましょう。

いつものようにフラッグをカットするだけでも効果はあります。

関連:ガンプラのアンテナのシャープ化の方法は?ニッパーで出来る簡単な注意点は?

 

img_1282

向かって左側のアンテナをシャープ化しました。

使っているのはニッパー棒ヤスリ紙ヤスリです。

 

ニッパーフラッグをカットした後は、

棒ヤスリで少しずつ調節しながら削っていき、最終的な仕上げを紙ヤスリで行います。

いくつか方法を試しましたが、棒ヤスリを使うのが一番早く、そしてキレイにシャープ化できました。

 

上の画像では頬周りや、アゴ部分にも注目しておいてください。

img_1286

そして更にシャープ化を進めたものです。

 

両方のアンテナはもちろん、中央の輪になっている部分も薄くしています。

さらに頬当ても削り込んでいます。こちらもアンテナと同様の工程です。

 

そして特徴的な禍々しいアゴ

img_1270

こちらを見ていただければわかるかと思いますが、

大分お年を召した雄鶏のようなリッパなアゴです。

 

私的にはちょっと大きいな、と思ったので

デザインナイフ棒ヤスリで削り込み、紙ヤスリで調整しました。

img_1345

各部にスミ入れをし、カメラアイガンダムマーカーで塗りました。

一度ホワイトを塗って、よく乾かしてからグリーンを塗るとキレイに発色します。

 

アンテナの黄色がちょっと玩具っぽかったので、

リアルタッチオレンジでベタ塗りしたあと、ティッシュで拭き取っています。

img_1344

横顔はこんな感じ。

モッタリ感がなくなって、より精悍な顔つきになったかと思います。

 

胴体の加工方法は?ここが尖ってたらカッコいいな、と思ったら設定を無視してもいい?

Sponsored Link



img_1287

続いては胴体。

色分け、形状共に非常に優秀です。

 

ただ、各部のエッジがちょっと甘いので、気になった部分は

頭部同様棒ヤスリ紙ヤスリ、場合によっては

デザインナイフニッパーなども使ってシャープ化しちゃいましょう。

img_1354

はい、こちらがシャープ化したものになります(笑)

比べていただければ分かると思います。

 

デザインをちょっと無視するくらいトッキントッキンにしても

この子は違和感ありません(笑)

img_1353

正面から。

青いパーツはさらに磨き込みますが、概ね出来上がっています。

 

スミ入れ流し込みスミ入れペンのグレーを使い、

消しペンを染み込ませた綿棒で調節しました。

 

ガンダムフレームを塗り分けることでリアル感がアップ?ワンポイントが超絶効果!

img_1241

ガンダムフレーム4を使いつつ、新規パーツで構成された

バルバトスルプスのフレーム

 

このままでももちろん良いのですが、

ガンダムマーカーを使って色分けしてみましょう。

img_1348

はい、これ!ドン!

メタリック系のマーカーを使うとより効果的です。

 

部品が細かいので、マーカーをペンとして部品に直接塗ると

上手くいかないかと思います。

 

そんなときは塗料皿にペン先をグッと押し付けて中の塗料を出し

それをにつけて塗りましょう。

 

通常の塗料と比べて優れている点は

  • (ある程度)乾きが早い
  • 塗膜が薄い
  • 発色が良い

 

素晴らしいです。

面倒な作業ナシに、上手く部品に溶け込ませることができます。

さすがガンプラ用に開発されたマーカーですね。

これからもバンバンガンダムマーカー使っていきますからね!

関連:スミ入れペンの使い分け方のコツは色選び?自然でリアルな仕上がりとは!

 

img_1346

胴体部も同様に塗り分けてみました。

エイハブリアクターなどは装甲をつけてしまえば見えなくなる部分ですが、

なんとなく気分で塗りました(笑)

 

img_1347

背部もお忘れなく。

正面に比べて露出する箇所が多いので、こちらに気を使った方が良いかもですね。

 

まとめ:ガンダムフレームタイプは基本的に尖らせろ!

img_1343

まだまだ途中ですが、再現度がますます上がっていますね

 

同様の工程を、全身くまなく施していきます。

ホイルシールで色分けされている部分は缶スプレーで部分塗装をしようと思っています。

 

そして最後には「モデルグラフィックス11月号」に付属していた

水転写デカールでさらにディティールアップしますよ!

 

楽しみにしていてくださいね。

 

今回の記事をまとめると

 

とにかく尖らせとけ!

 

これに尽きます(笑)

 

次回は、これだけ優秀なキットですが、

実は見栄えを損なう部分が少しだけあります。

 

そう、「合わせ目」です。

その憎き合わせ目の処理方法も合わせてご紹介しようと思います。

 

次回は合わせ目消しについて。こちらからどうぞ。

 

その次は部分塗装についてです。こちらから行けます。

 

関連記事

オプションセット5でバルバトスルプスを強化?今後のラインナップにも対応している?

バルバトスルプスのレビュー画像は?低価格で高クオリティの秘密とは?

ガンプラの面出しの方法は?紙ヤスリで初心者も簡単に表面処理
Sponsored Link


 - ガンダム, ガンプラ, 鉄血のオルフェンズ , , ,