ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

HGIBOガンダムグシオンリベイクのウェザリングと部分塗装のポイントとは?

      2016/10/06

Pocket

Sponsored Link



価格を抑えたキットが好評の鉄血のオルフェンズシリーズですが、

グシオンリベイクはボリュームがあり、色分けの再現が少ないです。

 

シールでフォローされていますが、シールはちょっと分厚くリアル感に欠けてしまうので、

色が足りない部分はキマリスのブースターの時と同様スプレー缶での部分塗装を行いました。

 

オプションを除いた本体を完成させました

関連:【ガンプラ】ガンダムキマリスを作るその5、部分塗装をしてみよう+α

IMG_4058

まずはマスキングです。ブースターの中はモールドが全くなかったので、

コトブキヤ製のパーツで適当なものを見繕い、貼り付けました。

 

他には肩、腰部サイドアーマーなども塗り分けをするのでマスキングを施し、塗装しました。

 

オプションパーツの部分は最後にまとめて取っておくので、

今回はグシオンリベイクのキットだけで再現できる写真を撮りました。

IMG_4073

夏は湿気があり、冬は寒いという理由で、私は春が一番プラモ作りに向いていると思っているのですが(笑)

私のようにスプレー塗装派にとってはいい季節です。

 

肩部色分けがシールで再現されている部分なのですが、やはり塗装すると本体としっくり馴染みますね。

IMG_4074

こちらは背後から。

色分けの点では一番おざなりになってしまっていた、

背部ブースターリアスカートはしっかりと色分けすることでかなり化けたと思います。

本体のウェザリングはどうする?スミ入れのカラーは?

Sponsored Link



なるべく設定に忠実に塗装したかったのですが、サイズの問題もあってちょっと省いた部分もあります。

IMG_4077

頭部の頬部凸モールドは実際のデザインではオレンジになっているのですが、

なかなか小さいので、スミ入れだけで済ませてしまいました。

 

の部分にはバルバトス同様に鉄華団のマークを入れています。

IMG_4082

特徴的な背部のパーツです。

オレンジの差し色部分は、オレンジのスミ入れマーカーで色を入れた後に、

茶色のスミ入れペンでスミ入れしました。

 

ちょっと色が薄いのですが、ちょっとくすんだ感じが出て、私的には気に行ってます。

IMG_4080

リアスカートは取り外してシールドにもなります。

モールドが非常に細かく入ってるので、スミ入れするとすごく立体感が出ますよ。

ポーズを色々取りながら、ポイントを解説します

リベイク「焼き直し」という意味かと思い、今回は「焼く」からイメージを膨らませ、

元々の設定の色でもオレンジを差し色として効果的に使っていることから、

今まで出番のなかった流し込みスミ入れペンセットのオレンジを使っています。

IMG_4075

しかしオレンジだけではモールドが引き立たなかったので、

オレンジスミ入れしたあとに茶色もう一度スミ入れしています。

 

そうすることで、装甲全体に焼いたような効果を出すことができました。

IMG_4076

キットの本体色は割と明るめだったので、ウェザリングマーカーバーントアイアンウォッシング

 

全体的に暗めにしました。流星号を含めたたった3機で激戦を潜り抜けてきているので、

これくらいの色味がリアリティがあると思いました。

IMG_4081

背部のパーツもあって、

鉄血のオルフェンズに登場するモビルスーツの中でも随一の力強さを持っていると思います。

 

パイロットである昭弘のイメージとピッタリのガチムチモビルスーツですね。

IMG_4078

最大の特徴である隠し腕を展開。こちらはグレイズ(一般機)のものを流用しています。

 

元のキットのものでも形状的には全く問題はないのですが、

構成がかなりサッパリしてしまっているので、強度や処理の手間を考えてグレイズから流用しました。

 

設定とカラーが異なるのですが、こちらの方が流用感が出て、

鉄華団の状況を考えるとリアルかな、と思ってそのままにしました。

IMG_4079

最終的にはこの隠し腕には鈍器類を持ってもらおうと思っています。

IMG_4083

非常に複雑なデザインの頭部。塗り分けは細い綿棒を筆代わりに、水性ホビーカラーで行いました。

鉄華団のマークは、ガンダムマーカーレッドと、茶色のスミ入れペンで行っています。

 

まとめ:色分けで化ける良キット

各部をシャープ加工し、色分けをスプレーで再現。

キマリスよりも強めに、バルバトスと比べると少し弱めにウェザリングを行いました。

IMG_4085

ボコボコと殴り合う印象の強いオルフェンズのモビルスーツ群の中にあって、長距離射撃にも対応している珍しい機体。

しかし、その実隠し腕などから、本領は殴り合いという面白いモビルスーツですね。

 

設定画やアニメ劇中でのプロポーションを見事に再現しているので、

色分けをすることでかなり化けるキットとなっています。

 

ちょっと手間はかかりますが、ギミックも面白いのでオススメできます!

 

後はプランに沿って、滑空砲と、各種打突武器を装備させれば完成となります。

滑空砲は色分けもありますので、次回で完成した姿を見せられるよう頑張りたいと思います!

 

関連記事

【ガンプラ】簡易撮影ブースを低予算で作って撮影してみたよ!【グレイズ改】

【ガンプラ】キマリストルーパーを作るその1、素組みレビューとお遊びカスタマイズ【鉄血のオルフェンズ】

【ガンプラ】グシオンリベイクを作るその4、装甲の加工とギミックの追求【鉄血のオルフェンズ】

Sponsored Link


 - アニメ, ガンダム, ガンプラ, 鉄血のオルフェンズ , ,