ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

フルメカニクスガンダムバエルのレビュー画像は?劇中最強MS説は本当か?

   

Pocket

フルメカニクスガンダムバエルのレビュー画像は?劇中最強MS説は本当か?
Sponsored Link



 

第2期の1/100スケールシリーズである、フルメカニクスモデルは

概ね好評のようですね。

 

アイテム数を絞り、ディティールにこだわったのが良かったのでしょうか。

 

オルフェンズのモビルスーツはシンプルなものが多いので、

1/144と比べてもそれほど大差はありません。

 

バエルに関してはそれが如実に出ていますが、

フルメカニクスモデルの名に恥じない素晴らしい出来となっています。

 

アグニカ・カイエルの魂が宿ったガンダム?神々しいまでの美しさ!

IMG_4346

そのままストレートに組んだものです。

 

フレームの首の装飾パーツがかなり外れやすいので、

先に接着しておきたかったので、その周辺は塗り分けを行っています。

 

IMG_4347

正面から。

ウイング状のスラスターがなければ、かなりシンプルなタイプのモビルスーツですね。

 

IMG_4348

後ろ姿。

ウイングスラスターと、バエルソード用のマウントパーツが目を引きますね。

 

バエルは背中で語るタイプのようです(笑)

 

IMG_4349

ハンドパーツはガンダムフレームに準拠した平手、

IMG_4350

握り手に加え、

 

IMG_4351

同シリーズのヴィダール同様の角度がつけられる握り手が付属しています。

 

武器がほぼ剣だけなので、これは嬉しい仕様ですね。

IMG_4354

一応背部スラスターの黄色い部分がレールガンとなっているようです。

劇中でもそこまで印象的ではありませんでしたが…(笑)

 

各部ディティールやギミックは?フルメカニクスならではの密度!

Sponsored Link



IMG_4356

ギャラルホルンマークは、HGではホイルシールでの再現となっていましたが、

フルメカニクスではパーツでの色分けとなっていました。

 

IMG_4358

肩装甲の端が可動することで

IMG_4357

腕の可動範囲を確保しています。

 

HGではスライド機構でしたが、フルメカニクスでは上下にスイングするだけでした。

 

IMG_4359

スラスターウイングは設定どおりに可動。

 

悪魔的でもあり、神々しい天使のような印象さえ受けます。

 

IMG_4364

各部モールドも

IMG_4365

今まで同様、密度の濃いものとなっており、

IMG_4366

非常に好印象です。

 

うるさすぎないのがいいですね。

 

武器は二振りの剣のみ?厄祭戦当時は最強だった?

IMG_4353

付属武器は2本のバエルソードのみとなっています。

 

IMG_4355

抜刀アクションもHGと同様に行うことができます。

 

サイズが大きいのでその分迫力がありますね。

 

IMG_4360

二刀流はやはりマニア心をくすぐりますね。

 

アグニカ・カイエルの魂が宿っていると言われ、厄祭戦時は最強と謳われた

ギャラルホルンの象徴「ガンダムバエル」。

 

子供頃から憧れたこの機体をその手にし、自らが乗り込み、

大暴れしたマクギリス最後の戦闘は本当に印象的でした。

 

マクギリスは幼い頃から恵まれず、アグニカの伝説だけが拠り所だった。

人並みの幸せを享受できず、ガエリオやカルタを密かに羨望した。

それでも自らの理想の為、そこから目を逸らし、行動を起こした。

 

しかしギャラルホルンの覇権はマクギリスにとってはオマケみたいなものだったのかもしれませんね。

憧れたアグニカのガンダムに乗り、戦場を駆ける。

それがマクギリスが幼い頃に抱いた夢だったのかもしれません。

 

初回限定版の詳細は?ルプスレクスと同様に台座が付属!

IMG_4363

バルバトスルプスレクスと同様、初回限定盤には台座が付属します。

付属シールがギャラルホルンの物になっている以外は同じ物です。

 

IMG_4361

パッケージ絵を再現することができます。

ウイングがあるので、飛行ポーズが映えますね!

 

IMG_4362

ガエリオとの最終決戦はまるでケンカのようでした。

 

今まで何を考えているかわからない男でしたが、

しがらみから解放され、己が理想の為に戦うマクギリスは

とても輝いているように見えました。

 

「輝く」「進む」という点において、マクギリスは

鉄華団に近い存在だったのかもしれませんね。

 

関連キットとの比較は?シンプルが故にカッコいい!

IMG_4367

フルメカニクスバルバトスルプスレクスとの比較。

各部が大型化されたルプスレクスと比べるとかなりシンプルですね。

 

IMG_4368

HGのバエルとの比較。

フォルムやギミックはほぼ変わらないものの、

サイズやディティールのお陰でフルメカニクスの方が魅力的に見えました。

IMG_4369

ウイングが大きい機体は何故か妙にカッコいい…。

 

様々なフォルムのモビルスーツが登場しましたが、

最終的にこのバエルが一番カッコいいかもしれません…。

 

愛着という点でグレイズやグシオンの方が好きなのですけどね…(笑)

 

まとめ:そのまま組んでもメチャクチャカッコいいのでかなりオススメのキットです

IMG_4374

以上フルメカニクスガンダムバエルのレビューでした。

 

パーツ構成もシンプルながら、劇中のフォルムをほぼ完全に再現し、

神々しいまでの美しさを見せてくれたバエル。

 

IMG_4371

二刀流がそれだけでカッコいいので、様々なポーズをつけても軒並みカッコいいです。

 

初回限定版の台座の使用感が、ルプスレクスと比べてかなり良いです。

バエルを十全に楽しみたい方は、初回限定版をオススメしたいです。

 

IMG_4370

もちろん単体でもかなり遊べますよ。

 

ギミック自体は少ないですし、フルメカニクスによって明かされた秘密もありませんが、

このサイズのバエルを弄ることがとっても楽しいです。

 

バエルはモビルアーマーを相手取ることを前提としているので、

対モビルスーツ戦で思うように戦えなくても仕方ありませんよね。

 

本来は共闘すべきガンダムフレームと戦うことになってしまったことも不幸なのかもしれません。

 

むしろ剣2本でモビルアーマーをバッタバッタと倒していたのですから、

劇中最強クラスなのは間違いないでしょう。

 

疑似的ながら、ほぼ完全に阿頼耶識を使いこなしたキマリスヴィダールと

互角以上に戦ったのですから、大健闘だと思います。

 

IMG_4373

私は番組を見て、キットを組んでみて、かなりバエルが好きになりました。

 

改修ポイントはそこまで多くありませんが、ゆっくり丁寧に仕上げていきたいと思います。

>バンダイ 1/100 フルメカニクス 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバエル プラモデル 初回特典付属(ZP24992)

価格:2,560円
(2017/3/30 04:10時点)
感想(0件)


 

関連記事

ガンダムバエルのレビュー画像は?ソロモン72柱序列第1位の名前を冠する機体の詳細は?

キマリスヴィダールのレビュー画像は?ランスとシールドのギミックが楽しい?

フルメカニクスバルバトスルプスレクスのレビュー画像は?初回限定版の詳細は?
Sponsored Link


 - ガンダム, ガンプラ, 鉄血のオルフェンズ , ,