ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

フルアーマーユニコーンの改修例画像は?サイコフレームをより際立たせる方法とは?

      2016/12/06

Pocket

Sponsored Link


都合4度目のデストロイモード

HGUC No.100のユニコーン(DM)、バンシィ(DM)、バンシィノルン(DM)と、1/144スケールだけで既に3度組んでいるので、4度目となる今回はパチ組みは慣れたもんですわww

最近になってやっとユニコーンモードのカッコ良さが分かってきたので、今度買ってみようかとは思っています。

 

新規のマーキングシールが売りの今回のキットですので、一番目立つ胴体、肩部から作っていくことにしました。

パチ組みのユニコーンを探したら、バンシィのアームドアーマーを付けたのが出てきたので、これを参考にしながら改修部を検討することにしました。

こうして見るとスミ入れナシのパチ組みでも相当カッコ良く作られてるんですねぇ。アンテナのフラッグだけは切り落としてますが、それでも分厚い。

まずは胴体から。バンダイエッジは極力薄く削っています。400~600~1000番とペーパーをかけて面出しをしました。

スミ入れはスミ入れペンSHARPで一度入れた後、リアルタッチマーカーピンクの細い方でなぞり、綿棒でぼかしています。

装甲が分割して、サイコフレームが露出する部分と接している面にはガンダムマーカーの蛍光ピンクを塗って赤く見える部分を広く見えるようにしました。

リアルタッチマーカーグレーを付着させた綿棒を装甲のフチにこすり当て、自然に汚れた感じを表現しています。

 

成型色の違いもありますが、サイコフレームが大分目立つようになりましたね。

同じように各部品を処理していき、胴体と肩部は概ね完成しました。

マーキングシールはセオリー通りにピンセットで台紙からはがし、パーツに乗せたら上から爪楊枝でこすり定着させています。

 

ちなみにサイコフレーム部はあんまり透き通っていても違和感があるので、400、800番とペーパーがけをしてちょっとパーツを白化させてから、ブラウンでスミ入れしています。

やはり肩部のマーキングはすごく好みです!

Sponsored Link


 

ここまでの過程を様々な角度で数枚。

劇中では、変身する前に各パーツが赤く光るのが印象的ですので、そのような表現に近づけられるように考えながら作ってます。

 

せっかくパチ組みしてあるので、背部のフルアーマーユニットを装着させてみました。

バックパックのビームサーベルは、経験上非常に破損しやすいので、最後まで取り付けません。

肩部のセンサー状のパーツは色分けされていないので、塗装した後に取り付ける予定です。

 

こう見るとホントにただ乗っけただけなんですよねー。本体には全く干渉していません。

腕つけて、シールドを装備させれば大分印象も変わるのでしょうが、この時点ではそこまで大きく変化は見られません。

しかしやはり追加ブースターはかなり大型ですね。ただの筒なんですが、なぜこんなにもカッコ良く見えるのでしょう。

やはり「大きい」はロマンなんですかね。

 

わかりにくいかもしれませんが、寄りの画で装甲の分割部分を。

結構大胆にピンク色を入れています。フロントアーマーは裏側全部ピンクで染めてますww

リアアーマーにヒケが残ってる…ww 恥ずかしいww

 

ユニコーンは腕と足がかなり複雑なデザインになってますので、いよいよここからが本番になりそうです。

ギャンもザクも作りたいのですが、まずはこいつを満足いくまで弄り倒してやろうと思います。

次回には片方ずつでも腕と足が出来ていたらお届けできればと思います。

 

関連記事

【ガンプラ】FAユニコーン(レッドカラー)初日。箱デカいし、部品多いな!【HGUC 199】

【ガンプラ】キマリストルーパー完成!とにかく超絶カッコいいので、挑戦する価値アリ!【鉄血のオルフェンズ】

【ガンプラ】ガンダムアスタロトその4、月を意識したカラーでウェザリング【鉄血のオルフェンズ月鋼】

Sponsored Link


 - ガンダム, ガンプラ