ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

HGイフリートシュナイドの作例レビューは?手軽にカッコ良く見せるポイントはどこ?

   

Pocket

HGイフリートシュナイドの作例レビューは?手軽にカッコ良く見せるポイントはどこ?

 

ファンから高い人気を獲得するも、

なかなかキット化の機会には恵まれなかったイフリート。

 

ガンダムUCに改修機が登場したおかげで状況は一変。

RE/100シリーズで悲願のキット化が叶います。

 

恐らくはその好評を受けての今回のHG化となってのではないでしょうか。

 

イフリート改はプレバンでしたが(笑)

今回発売となった、ガンダムUC登場のイフリートシュナイドをご紹介します。
Sponsored Link


素組みの画像は?改修ポイントはどこ?

イフリートが1/144スケールでキット化は感激…

こちらがキットをそのまま素組みしたものになります。

 

特徴であるヒートダートは14本と、赤熱化した物が2本付属しています。

グフからドムへの系譜を感じさせるイフリートのスタイルを

見事に1/144スケールで再現しています。

 

左腕にはヒートダートマウント用のパーツも。

可動範囲もHGUC200番以降のキットを踏襲した広いものとなっています。

 

改修ポイントはここだ!

改修ポイントは主にこの画像の辺りです。

ブレードアンテナと、ヒートダートがもったりとしているので

ヤスリやニッパー、デザインナイフを使って尖らせるだけでも

かなり見栄えが変わります。

 

さらに全身のモールドにスミ入れし、色分けがされてない部分を塗装すると

良いと思いますが、今回は色分けにホイルシールを使ってみようと思います。

 

改修した画像は?シャープ化の効果はどれくらい?

Sponsored Link


お手軽加工でカッコ良くなったかな?

こちらが、前項で書いた改修ポイントをそのまま行ったものに

ツヤ消しのトップコートでフィニッシュしたものです。

 

並べて比較してみると一目瞭然ですね。

ビシリと締まった感があります。

 

ブレードアンテナとヒートダートはこれくらい削るくらいでも

十分に見栄えを良くしてくれます。

 

後ろ姿がこちら。

リアスカートにマウントされたヒートダートは持ち上げた際に

ポロポロ落ちるので私は接着してしまいました。

 

バックパックのバーニアは2枚のホイルシールを使って色分けを再現していますが、

塗りにくい内側をフォローしてくれているので、好印象でした。

 

見えない所にも気をつかうのがオシャレらしいよ?

ヒートダートをマウントする部分は

4アーティストマーカーのシルバーで部分塗装。

 

結果的に見えなくなる部分ではありますが、こうしておくと

なんとなくそれっぽさが出るので、オススメの作業です。

 

左腕の装甲にも同様の塗装を行いました。

 

4アーティストマーカーが隠蔽力の高い塗料なので、

下地ナシでも割と上手く発色してくれます。

 

モノアイは4アーティストマーカーの白で塗り、乾かした後、

ガンダムマーカーの蛍光グリーンで塗りました。

 

メタリックグリーンよりも発色が良いので、目立ちにくいモノアイには

蛍光色をオススメしますね。

 

武器類の加工は?クリアパーツはどうするの?

ヒートダートは尖らせろ!

ヒートダートも棒ヤスリと紙ヤスリを使いシャープ化。

 

ビームではなく、実体を赤熱化させているものなので、

クリアパーツもヤスリなどで細かい傷をつけて不透明感を出すと

より劇中に近いイメージになります。

 

未加工の物と比較。

 

ある程度透明感を復活させることもできますが、

多少濁っている方が私好みではあったので、そのままにしています。

近接戦闘に特化した、この短い刃がカッコいいですね~。

モビルスーツ×バズーカは鉄板のカッコ良さ!

更にキットにはドムなどでお馴染みのジャイアント・バズが付属。

 

バズーカを構えた姿もかなり様になっています。

 

ジャイアントバズは特に弄らず、黒スミ入れペンでのスミ入れだけに留めています。

 

イフリートシュナイドでレッツアクション!

ヒートダートを構えて。

 

プロポーションが整っているので、とても良く似合っています。

バンダイ製のスタンドであれば大体使うことができるので、

ちょっと派手なポーズを付けたい時も安心です。

 

スタンドを使わなくても可動範囲が広いので、

派手なアクションポーズは結構こなしてくれます。

 

まとめ:感想

以上、イフリートシュナイドのレビューでした。

 

 

ツヤ消しトップコートは色を締めてくれるだけでなく、

プラ表面のヒケをある程度目立たなくしたり、

シールやスミ入れを保護してくれたりするので、

是非吹き付けてみてください。

 

 

その際は換気には十分気を付けてくださいね。

 

ゲーム発信ではありますが、ジオン好きの私としては

イフリートがこうしてキット化され、展開されるということがとても嬉しいことです。

 

出来も素晴らしいので、カッコいい!と思った方は是非組んでみてください。

ちょうどスッポリ手に納まる感じがいい感じです。

 

私の本命はイフリート改の方で、発送は9月なので

それまでにシュナイドを組んだ記憶からどのように仕上げるか

妄想して待つこととします(笑)

バンダイ HGUC 1/144 機動戦士ガンダムUC MS-08TX/S イフリート・シュナイド プラモデル(ZP29980)

価格:1,440円
(2017/7/25 04:07時点)
感想(0件)


Sponsored Link



関連記事

ザクⅠ(黒い三連星機)のガンプラレビュー画像は?やっぱり3機揃えたくなる?

バーザムがHGUCで発売?シンプルだけど最新技術が詰め込まれたキットの詳細は?

HGUCゼータガンダムのレビュー画像は?REVIVEに続くガンプラ新プロジェクトとは?



 - ガンダム, ガンプラ