ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

バルバトスルプスの部分塗装画像は?缶スプレーでキレイに仕上げるには?

      2016/10/16

Pocket

Sponsored Link



バルバトスルプスの制作作業も佳境…!

 

とか思ってたんですが、とんでもなかったです(笑)

 

関連:バルバトスルプス改修で合わせ目消しの画像は?お手軽作業で見栄えが良くなる?

 

ゴールが見えても一気に早くはならないんですよね、プラモデルって。

最後まで地道にコツコツやらなきゃいけない。

 

そこが楽しさのひとつでもあるのですが。

 

今回はホイルシールでフォローされてしまっている、

各部の色を缶スプレーで補い、ポイントガンダムマーカーを使って塗装してみました。

 

マスキングはピンセットで?待つのも工程。しっかり乾燥させよう

img_1460

マスキングテープは、塗りたくない所に貼って、塗料からパーツをガードするためのものです。

 

1/144スケールは大分縮められた大きさなので、細かいモールドが多かったりします。

数cm切ったら、直角にデザインナイフを入れ、短冊状にちいさく切っておきましょう。

 

img_1471

セロテープなどと比べるとかなり粘着力は弱いので、

ヌメヌメを取ってしまわないように、ピンセットで剥がしていきます。

 

img_1465

そして一枚一枚丁寧に貼っていきます。

塗りたくないスペースに、隙間ができないようにしましょう。

 

img_1472

パーツの分割具合はこのように。

フチは細かく貼り、広い部分は大きなものを貼る、といった

スタンスで大丈夫です。

 

img_1474

パーツは変わってしまいますが、

こちらがマスキングを施した状態です。

 

白く残っている部分に、缶スプレーで青を吹きます

 

人体に有毒なガスも含まれていますので、

換気をきちんとして、マスクを着用しておきましょう

 

パーツから10cm弱くらい離して吹くとダマになりにくいです。

 

img_1475

マスキングをして、缶スプレーで塗装したパーツが

これです。

 

腰部ブースターは2色使っていますが、青を塗ってからマスキングし直し、

更にグレーを塗っています。

 

この間はパーツをきちんと乾燥させましょう。

作業を急ぎたい気持ちは私にもありますが、焦って塗膜が崩れてしまっては

元も子もありません。

 

乾燥時間としては30分~1時間くらいが目安です。

重ね塗りした場合はもっとしっかり乾燥させる必要があります。

 

「待つ」のも工程のひとつですよ。

ワンポイントをガンダムマーカーで?色を使いすぎないのがコツ

Sponsored Link



img_1479

先ほどスプレーで塗装したパーツに

スミ入れを施し、黒い部分はガンダムマーカーのブラックで塗りました。

 

img_1488

背後から見るとこのような感じです。

 

使ったスプレーの色は「インディブルー」

一般的なガンダムのブルーに近いので、

バルバトスのカラーと比べるとちょっと明るい色なのですが、

雰囲気はバッチリ出ていると思います。

 

カカトの部分も同じようにマスキングし、MSレッドスプレー塗装しました。

 

img_1491

つま先のグレー部分や、ヒザ横のスラスターも同じくスプレー塗装しております。

MSグレー(連邦系)で塗りました。

 

更に脚の各部を見てもらうと、ちょいちょい色が入っているのが

分かると思います。

 

こちらはガンダムマーカーを使って塗っていますが、

設定とはちょっと異なります。

 

ヒザ部分のグリーンは設定どおりなのですが、

アンクルガードや、つま先の白いパーツなどにを入れてみました。

 

よりメカニックな印象になるようにしてみたつもりです。

img_1490

初期のバルバトスよりもモールドが多く掘られているルプスなので、

ちょっと遊んでみました。

 

ここでポイントなのは、色を使いすぎない事ですね。

あとはある一定の規則を保つことです。

 

img_1484

ヒザと似たような形状のモールドにはグリーンを。

各部の縦スリットには茶色

そして六角形のモールドには赤を入れることで規則性を出しました。

img_1483

腕にも同様に色を入れています。

 

感覚的にはガンダムフレームを塗り分けた時と同じですね。

情報量が増えることで、リアリティが増したように見せる作戦です。

 

もう一息。ここからが正念場…(笑)

img_1485

ここまでの工作と塗装で全体像が出来てきました。

 

本体は本当にあと少しで完成するのですが、

右腕を完全に放置していたのを忘れていました(笑)

 

山は山頂に近づくほど慎重に登らなければいけませんが、

ガンプラも同じですね。

 

7合目を超えた今だからこそ、

気合いを入れ直さなければ完成しないのです。

 

ここでシャープ化について少し補足的なものを。

img_1452

こちらはアンクルガードです。

非常に優秀な造形ですが、ゲート跡フラッグバンダイエッジ

処理したい部分がたくさんありますね。

 

img_1457

緑の○で囲った部分をカットないしは、削ってやると雰囲気が大分変ります

img_1482

カカトのパーツも同じくフラッグをカットし、薄く削りました。

 

関連:バルバトスルプスの改修例画像は?ガンプラ素材をシャープ化で活かす方法とは?

まとめ:バルバトスルプス塗装のポイント

img_1492

色が増えたことで情報量が増え、リアル感が増してきました。

 

気を付ける点としては

 

  • 換気をしてマスクを着用
  • 塗料はしっかり乾燥させる
  • マスキングを活用する
  • 色を多用し過ぎない

 

といったところでしょうか。

 

img_1493

部分塗装ならば、ある程度の失敗はリカバーできます。

 

全塗装でもやり直しは効くことは効きますが、とてつもなく面倒です(笑)

 

ワンポイント付け加えて、自分だけのバルバトスルプスにしてみてください。

 

次回は水転写デカールと、ちょっとだけウェザリングを施し、

完成させた本体をお見せできると思います。

 

関連記事

ユーゴーの素組みレビュー画像は?逆関節がガンプラのポージングの常識を変える?

2016年10月は池袋に鉄華団が来る?鉄血のオルフェンズ展の詳細は?

2016年11月ガンプラEXPOは秋葉原UDX?限定ガンプラや新作情報もある?
Sponsored Link


 - ガンダム, ガンプラ, 鉄血のオルフェンズ , , ,