ヒヨネによるアニメラノベガンプラ好きの為のオタクブログ

最大限趣味を謳歌する為の、押さえておきたい基礎知識からディープな話題まで扱ったオタク向けブログです。

バルバトスルプスのレビュー画像は?安いけどクオリティ高いって本当?

      2016/10/07

Pocket

Sponsored Link



いよいよリリースが始まった「鉄血のオルフェンズ」

ガンプラシリーズ。

 

最初はもちろん主役機である「ガンダムバルバトスルプス」

img_1271

ナンバリングは1期から継続の「21」

アニメも26話から始まるらしいので続き感があって良いですね。

 

とりあえず素組みしてみました。

 

お値段据え置きでこのクオリティはすごい?

img_1234

色分けはほぼ再現されていますが、足りない部分はホイルシールで補われています。

 

img_1235

後ろ姿。

各部が大型化していますが、とてもいいバランスで成り立っています。

 

img_1236

上半身の色分けの再現度がホントにすごいです。

この画像はただ組んだだけで、塗装はもちろんシールも貼ってない状態です

特に肩部の鉄華団マークはビックリの色分けですね。

 

img_1237

フェイス部は更に複雑なデザインになりましたが、

このサイズでもしっかり再現。

多少のモッタリ感はありますが、1/144スケールでこれはRGクラスでしょう。

 

…これで1年前に発売された「ガンダムバルバトス第4形態」

値段は同じ定価1000円(税抜き)なんですよね。

ちなみに私は家電量販店で800円で購入しました(笑)

 

バンダイさんの技術は確かに進歩していますね!

低価格のヒミツは?パーツは少なくても可動に妥協してないのがスゴい…!

Sponsored Link



img_1241

ガンダムフレーム「4」が使われていました。

バルバトス第6形態アスタロトオリジンと同様のものですね。

 

腕部は上腕部が新パーツ伸びた部分は追加パーツが加えられ

独特の形状を作り出しています。

 

ガンダムフレーム以外にランナーは2枚と、ポリキャップ。

計4枚のランナーで成り立っています。

 

ビルドファイターズやオリジンなどは8~10枚使っているので

ランナーの枚数の節約が金型のコストを抑え、低価格を実現しているのでしょう。

 

img_1240

肩装甲には可動域が設けられています。

img_1239

この可動域があることによって装甲に干渉せず

腕を自由に動かすことができます。

 

img_1242

手首パーツは角度が違う左右2セットが付属。

キマリストルーパーで好評だったのでしょうか。

img_1243

この角度付けがあるだけでポーズの幅がかなり変わります。

 

img_1244

バックパックの展開ギミックは差し替えで再現されています。

 

これは第4形態でも採用されていたギミックですが、

接続部が違うので滑空砲は装備できなさそうです。

今後発売されるオプションセットに期待しましょう。

 

付属の武装は?ポージングが決まる優秀な可動とは?

img_1247

様々なギミックを再現するパーツが付属していますが、

武器はソードメイスのみ。

 

テイワズの技術者が戦闘データを元に開発した

バルバトスルプス専用の武器のようです。

 

img_1245

お決まりの大きく振りかぶったポーズもガッシリ。

img_1246

大型化したスラスターや脚部から、かなり出力が上がってると

予想されるので、突貫しているポーズも取らせてみました。

 

プロポーションはどれだけ変わった?第6、第4形態と比較

img_1249

第6形態との比較。

背丈はほとんど同じですが、膝の位置や腕の長さが変わり、

頭部も大型化しています。

 

行く先々で装甲や武器を随時付け足して改修してきた第6形態と、

資金を確保し、完全にオーバーホールした姿との違いでしょうか。

 

ルプスの方がバランスがかなりいいですね。

 

img_1250

第4形態との比較。

これ、同じ値段です(笑)

ルプスがひと回り大きいですね。

 

このクオリティで第2期のガンプラが展開されるとするなら、

とてつもなく楽しみです。

 

まとめ:素組み感想

img_1251

とにかく驚かされるキットでした。

 

ホイルシールスミ入れするだけでも大きく化けそうなキットです。

これから半年間主役として活躍してくれるので、きちんと仕上げようと思っています。

 

おまけ(笑)

ルプス(狼)という名称が発表され、バランスの変わったプロポーションを見て

img_1189

ルプス形態!

みたいに変形するのか?と期待してましたが、

ちょっとそれはなさそうですね(笑)

 

こんな楽しみ方もできる。

それがガンプラです。

 

関連記事

HGガンダムバルバトス第6形態の太刀装備画像は?フレームが新規の理由とは?

グレイズリッターのレビュー画像は?一般機やシュヴァルベとの違いはどこ?

アスタロトオリジン素組みレビュー。肩の大型パーツは重さに負けない?多彩な武器の詳細は?
Sponsored Link


 - ガンダム, ガンプラ, 鉄血のオルフェンズ ,